漢字読み講座

【お寺などにある「鐘」に「楼」?そもそも「楼」って何だ??】「鐘楼」という漢字、あなたは読めますか?

大晦日、お寺から新年へのカウントダウンとして「鐘」がつかれますが、今回の漢字はそんな「鐘」と「楼」から成る「鐘楼」です。

 

「鐘」はイメージがつきますが、「楼」はどんな意味がある漢字がご存じでしょうか?

 

「楼」は、「二階建ての建物」を意味し、イメージしやすいものといえば「やぐら」です。

 

ということは、「二階建ての建物にある鐘」ということでしょうか??

 

余計分からなくなってしまいましたね・・・。

 

ここはヒントを見ながら一緒に考えていきましょう!

 

「鐘楼」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇〇」の5文字です。

ヒント② 「楼」がつく言葉は、他に「高楼」や「山楼」などがあります。

ヒント③ 「鐘」の部分は「かね」とは読みません。

 

「鐘楼」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「しょうろう」です!

 

ちなみに、「鐘楼」は「しゅろう」とも読みますので覚えておきましょう。

 

「鐘楼」とは、そのまま「二階建ての建物にある鐘」というよりも、もっと単純に「鐘が備え付けられている建物」が正解に近いニュアンスです。

 

「鐘」と一口に言っても、お寺などにある「鐘」なのか、西洋のチャペルにあるような「鐘」なのかで随分イメージが変わりますが、どちらの「鐘」も建物に備え付けられているものですよね?

 

広義ではチャペルなども「鐘楼」となりますが、お寺とチャペルが同じ「鐘楼」のジャンルって何だか面白いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA