漢字読み講座

【読める人は年齢が高めの人!?今は使わないアレです!】「算盤」、あなたは読めますか?

算数の「算」と「盤」から成る「算盤」。

 

実はこれ、昔の日本では日常的に使う「道具」として親しまれてきたものですが、何か分かりますか?

 

「算盤」が読めてしまうと、年齢がばれてしまいそうなので、あえて分からないフリもありかもしれませんwww

 

現代を生きる若者の皆さんは、ぜひヒントを参考に考えてみてくださいね!

 

「算盤」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇」の4文字です。

ヒント② 昔は小学校で日常的に習いました。

ヒント③ 今は「電卓」ですね。

 

「算盤」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そろばん」です!

 

「算盤」といえば、計算を素早く間違えずにするための商業道具で、昔は小学校で毎日のように授業で使用したものです。

 

あ・・・、そういう風におじいちゃんが言ってました。

 

近年は電卓が開発されたので、その存在意義が失われつつありますが、「算盤」が出来るようになると、頭の中で「算盤」の玉をイメージすることができ、計算や暗算が正確かつ素早くできるという利点があります。

 

そのため、今でも「算盤塾」や「算盤大会」があるくらいで、使いこなせると算数や数学が得意になるのでおススメですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA