漢字読み講座

【今日の難読漢字】「算盤」「端役」「祈祷」。「算盤」が読める人はご年配の方!?

今日の難読漢字は

「算盤」

「端役」

「祈祷」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「算盤」!

算数の「算」と「盤」から成る「算盤」。

 

実はこれ、昔の日本では日常的に使う「道具」として親しまれてきたものですが、何か分かりますか?

 

「算盤」が読めてしまうと、年齢がばれてしまいそうなので、あえて分からないフリもありかもしれませんwww

 

現代を生きる若者の皆さんは、ぜひヒントを参考に考えてみてくださいね!

 

「算盤」の読み方のヒントはコレ!

 「〇〇〇〇」の4文字です。

昔は小学校で日常的に習いました。

 

「算盤」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そろばん」です!

 

「算盤」といえば、計算を素早く間違えずにするための商業道具で、昔は小学校で毎日のように授業で使用したものです。

 

あ・・・、そういう風におじいちゃんが言ってました。

 

近年は電卓が開発されたので、その存在意義が失われつつありますが、「算盤」が出来るようになると、頭の中で「算盤」の玉をイメージすることができ、計算や暗算が正確かつ素早くできるという利点があります。

 

そのため、今でも「算盤塾」や「算盤大会」があるくらいで、使いこなせると算数や数学が得意になるのでおススメですよ!

 

次の難読漢字は「端役」!

舞台に出演する人にとっては、誰もが経験する「端っこの役」

 

「脇役」よりももっと目立たない「チョイ役」のようなイメージがありますが、どうでしょうか?

 

意外にも、「端っこのような役」の意味から転じて他の言葉を表している場合もありますよね・・・。

 

今回は目立たない「端役」、これが正しく読めないといつまでも「端役」止まりかも??

 

「端役」の読み方のヒントはコレ!

「はしやく」とは読みません。

「〇〇〇」の3文字です。

 

「端役」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「はやく」です!

 

「端役」とは、読んで字のとおり、「舞台劇やドラマなどで主役ではない役割の人のこと」です。

 

いわゆるチョイ役ですね。

 

基本的には、ただ通りすぎるだけの人や背景として動かない役割の人だったり、まさに演劇における一番下っ端の役とも言えますが、言い方を変えれば大事な下積みですね。

 

何の世界でもそうですが、確かな基礎・基本や下積みがあって大成するもの。

 

もし、あなたが今「端役」として頑張っているなら、きっとその努力は報われます!

 

最後の難読漢字は「祈祷」!

結婚式やお正月などで使いそうな「祈祷」という言葉。

 

おめでたい席や喜ばしい感じがする一方、お寺や神社などに関係する祭事のほか、呪術的な言葉のようにも思えてきます。

 

ヒントとしては、2文字目の「祷」も「祈る」という意味がある言葉。

 

「祈る×祈る」で、いったい何を祈るの!?

 

「祈祷」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇」の3文字です。

これをやる人は主に神主さんです。

 

「祈祷」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「きとう」です!

 

「祈祷」とは、「依頼者の願いや思いを代理で伝え、その加護を受ける(受けさせる)行為」のことです。

 

一般的に「祈祷」というと、神様に対して行うイメージがあるので、「神社」に関係した言葉と思われていますが、仏様に対して願いを聞いてもらう意味合いもありますので、対象がお寺でも使われる言葉です。

ちなみに、よく似た言葉に「祈願」がありますが、「祈祷」は神主さんや祈祷師、お坊さんが代わりに行うのに対し、「祈願」は自身が直接お願いすることです。

 

そう言われれば確かに、「合格祈願」とは言いますが「合格祈祷」とは言いませんね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA