漢字読み講座

【今日の難読漢字】「数多」「割く」「欠伸」この3つの漢字は読めますか? さっと使えると知的なイメージです。

今日の難読漢字は

「数多」

「割く」

「欠伸」

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「数多」

数が多いと書いて「数多」。

実はそのまま(すうた)と読んでも正解です。

しかし、もっとなじみのある言葉があります。

さて、なんと読むか分かりますか?

「数多」読み方のヒントは?

数多という言葉だけではあまり使いません。

・「引く手数多」誘われることが多い事

・「数多返り」同じことを何度も繰り返す事

などと使います。

他にも数多の星など、数がとても多い事を表す言葉です。

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

さあ、もうわかりましたか?

「数多」の読み方、正解は・・・

正解は、「あまた」です!

 

どこへ行っても、引く手数多の人っていますよね。

羨ましいです。

サッと使えるように、ぜひ覚えておきましょう。

次の難読漢字は「割く」!

割るでもなく、(わりく)でもありません。

もともとひとつの物を、ちょっと強引に分ける事です。

そんな「割く」の読み方、わかりますか?

「割く」読み方のヒントは?

使い方としては、

・時間を割く

・人員を割く

など無理やり間を割って間を開け、割り当てて行くという使い方をします。

また、魚や布、人間関係などには「裂く」を使います。

ひらがなにすると「〇く」です。

さあ、もうわかりましたか?

「割く」の読み方、正解は・・・

正解は、「さく」です!

 

「時間を割いてでも、自分のしたいことをする。」

「少ない小遣いを割いて、できるだけお金を貯金する。」

など、ひとつの物を分けて、意味合いの違う用途にすることです。

また、スペースにも使うので、どうしても飾りたい物は、

「場所を割いてでも飾る」という風に使います。

最後の難読漢字は「欠伸」!

欠けると伸びるで「欠伸」。

漢字自体の意味で読むのではなく、行動の意味で言葉を読む漢字です。

もともと「欠」という漢字は、

人間が口を開けてかがんだ形からできています。

口を開けてかがんで、伸びると・・・?

さあ、なんと読むか分かりますか?

「欠伸」読み方のヒントは?

精神的・肉体的に緊張が続いた後、ホッとした時に出やすいです。

赤ちゃんから老人まで、みんな出てくる自然現象のひとつでもあります。

リラックスした時に出やすくなります。

しかし、いくら一緒に居る人に気を許しているといっても、

人前で欠伸をするのはNGとなります!

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

さあ、わかりましたか?

「欠伸」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「あくび」です!

 

赤ちゃんやペットが欠伸をしていると、癒されますよね。

自分に気を許してくれているんだと感じることができます。

ぜひ、欠伸の読み方を覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA