漢字読み講座

【今日の難読漢字】「仰る」「全う」「自ら」この3つの漢字は読めますか?これがサッと読めればカッコいい!

今日の難読漢字は

「仰る」

「全う」

「自ら」

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「仰る」

「仰る」とよく間違える漢字は「伺う」(うかがう)です。

仰るは、「言う」の尊敬語になります。

なので目上の人や、取引先などに対して使う言葉です。

仰るも、伺うも、口に出す時に

なぜか同時に頭を下げてしまうのは、

社会人の性なのかもしれません。

他にも

仰せの通り

なんて言葉もあります。

「仰る」の読み方のヒントはコレ!

ひらがなにすると「〇〇〇〇る」です。

もうわかりましたか?

「仰る」の読み方、正解は・・・

正解は、「おっしゃる」です!

 

「仰せの通り」は(おおせのとおり)です。

子どもの頃は、ギャグで口にしていた言葉が、

大人になると真面目に使ってるなんて想像もしなかったですよね。

ぜひ、覚えておきましょう。

次の難読漢字は「全う」です!

全うは、(ぜんう)と読むのではありません。

全て(すべて)という意味で正解ですが、

完全に、欠けることなく。

欠点なく完璧にという意味があります。

簡単で単純だとしても、最後までというのがなかなか難しいですよね。

さて、なんと読むでしょうか?

「全う」読み方のヒントは?

「任務を全うする」

「全うな人生」

などと使います。

ひらがなにすると「〇〇〇う」です。

さあ、もうわかりましたか?

「全う」の読み方、正解は・・・

正解は、「まっとう」です!

 

全うに生きるのが一番簡単な人もいれば、

全うに生きるのが難しい人もいます。

寄り道したりしながら、できる限り全うに行きたいものですね。

ぜひ、覚えておきましょう。

最後の難読漢字は「自ら」!

自らは(じら)と読むのではありません。

多分、口に出したことがある人も多いと思います。

自分の力で行う様子の事です。

自分から、自分自身という意味です。

自ら率先して行う事を言い変えると、

「僕、私からやります!」ですね。

では、「自ら」と書いて何と読むか分かりますか?

「自ら」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇ら」です。

もっと言えば「み〇から」です!

さあ、もうわかりましたか?

「自ら」の読み方、正解は・・・

正解は、「みずから」です!

 

「自ら率先して行う」

「自らを省(かえり)みる」

「自らあやまちを認める」

など、自分から行う様子を口にする時にサッと使えると、

ちょっと知的な感じがします。

なお、自分の事を表現するというよりは、

誰かの行動を表す時に使う事が多いです。

ぜひ、誰かに向けて使ってみましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA