漢字読み講座

【今日の難読漢字】「拙い」「誕る」「甘い」。「甘い」はもちろん「あまい」ですが、他にも読み方があるんです!

今日の難読漢字は

「拙い」

「誕る」

「甘い」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「拙い」!

私、僕、自分、吾輩、そして「拙者」。

 

自分のことを自分で呼ぶときの言葉はいろいろありますが、今回の漢字は「拙者」の「拙」です。

 

そのまま「せつい」はもちろん間違いですが、この「拙」という字は「自分のことを謙遜する」という意味があるそうです。

 

そんな奥ゆかしい漢字に送り仮名の「い」がつくと、どんな人になる??

 

「拙い」の読み方のヒントはコレ!

 「〇〇〇い」の4文字です。

何かに「劣る」ときに使う言葉です。

 

「拙い」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「つたない」です!

 

「拙い」といえば、自分のことを謙遜しているときに使う言葉で、「拙い文章ですみません」や「拙い者ですがよろしくお願いします」などと使いますね。

 

他にも「まずい」という読み方もありますが、こちらは一般的に「不味い」と表記しますので使われません。

 

日本人は昔から気配りができて謙遜する習性がありますから、「拙者」なんて言葉が生まれたんでしょうね!

 

次の難読漢字は「誕る」!

毎年必ずやってくる、「誕生日」。

 

小さい頃はケーキが食べられてプレゼントももらえて、また1つ大人になった気がして嬉しかった記憶があります。

 

それがピークになるのは16~18歳頃で、それを過ぎると歳なんか気にしなくなり、それすら過ぎると、いつからか目を背け始める・・・

 

女性に歳は聞いてはいけない、なんて言葉があるくらい「誕生日」は罪なものかもしれません・・・。

 

「誕る」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇る」の4文字です。

「たんる」ではありません。

 

「誕る」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「いつわる」です!

 

「いつわる」と言えば、「偽る」という言葉が一般的に使われていますが、その字のとおり、「誕る」も「違ったことを言う」や「嘘をつく」ことと同義なんです。

 

えー、じゃあ「誕生日」って「偽りの生まれた日」ってこと??

 

となりますが、大人のレディにとっては意外にそうなのかもしれませんwww

 

字の成り立ちを見ても、「言う」と「延ばす」ですから、「言葉を延ばす=大げさに言う」ということになり、「偽り」という意味として使われるのも納得できますね!

 

最後の難読漢字は「甘い」!

難読漢字に似合わない、「甘い」という漢字。小学生だって読めちゃいますよね!

 

でも、難読漢字の出題ですから、もちろん「あまい」という読み方では不正解です。

 

「甘い」から連想されるのは、お菓子、ケーキ、和菓子・・・。

どれもみんな「美味しい」スイーツばっかりですね!

 

実はこれがヒントなんです!

 

「甘い」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇い」の3文字です。

「あまい」の響きと非常によく似ています。

 

「甘い」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「うまい」です!

 

実は、「甘い」という漢字は「あまい」だけでなく「うまい」とも読むこと、知っていましたか?

 

一般的には何の食べ物に対しても万能に使える「旨い」という漢字が使われますが、スイーツなど「甘い物に対して」使う「旨い」は「甘い」でもOKです。

 

昔はスイーツなどは貴重でしたから、「甘い(あまい)」食べ物は「甘い(うまい)」ものだったんですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA