漢字読み講座

「狭間」の読み方は?「きょうま」ではありませんよ

「狭間」の読み方をご存じでしょうか?

「狭」という字は「きょう」と読めるため「きょうま」と読んでしまいそうですが、それは間違いです。

では、正しい読み方があなたにはわかりますか?

「狭間」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字です。
  2. 物と物の間にある狭い場所という意味。
  3. 「木々の狭間から光が差し込んだ」のように使います。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「狭間」の読み方!正解は!?

正解は「はざま」です!

ヒントに示したように物と物の間という意味になりますが、ここで言う「物」とは「目に見える物」だけではありません。

例えば「生死の狭間(はざま)」や「愛と憎しみの狭間(はざま)」のように、目に見えないものや人の感情を表す場合もあるからです。

ちなみに「きょうま」は漢字で「京間」と書き、関西地域で使用されている畳のサイズのことです。

「狭間」を「きょうま」と勘違いされている方も多いようなので、間違えないように注意しましょう。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA