漢字読み講座

「鶏冠」って読めますか?「鶏(にわとり」の「冠(かんむり)」と書きますが・・・

「鶏(にわとり)」の「冠(かんむり)」と書いて「鶏冠」。

にわかん」では、もちろんありませんよ!

何と読むのか、ピンときた人もいるのでないでしょうか?

さっそく見ていきましょう!

「鶏冠」の読み方のヒントは・・・?

ヒントはずばり、「鶏(にわとり)」の「冠(かんむり)」です!

「王冠(おうかん)」や「草冠(くさかんむり)」などは知っていても、「鶏の冠」なんてイメージが湧かないでしょうか・・・?

そんな人は、鶏の頭を思い出してください。

大ヒントですよ!

「鶏冠」の読み方の答えは・・・

正解は、「とさか」でした!

鶏の頭の鶏冠(とさか)は、確かに王冠をかぶっているように見えますよね!

鶏だけでなく、鳥の頭についているものは「鶏冠」と呼びます。

キジ科の一部の鳥に鶏冠があるんだとか。

鶏冠は形状によって、単冠・ばら冠・クルミ冠・えんどう冠などの種類に分けられます。

ちなみに、「鶏冠手」という言葉もあるのはご存知ですか?

これは「とさかて」ではなく、「鶏冠手(かえるで)」と読みます。

葉っぱの形がカエルの手に似た植物の名前です。

これも、合わせて覚えてみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA