漢字読み講座

「類い」ってなんて読む? 同じ仲間という意味です!

種類の「類」で「類い」と書いて、なんと読むか分かりますか?

「類」という字は、案外使われており、

  • 種類
  • 衣類
  • 書類
  • 人類
  • 魚類

など、目にしたことも聞いたこともあるのではないでしょうか?

しかし、(るい)とは読みません。

さて、「類い」と書いてなんと読むでしょうか?

「類い」読み方のヒントは?

漢字のイメージから想像できるように、「類い」は同じもの、同じ種類の物を指します。

仕事でも生活用品でも「同じ類い」に、分類して整理しているんじゃないでしょうか?

逆に「類いまれにみる美少女」などの使い方をする時には、滅多に見ないという意味で使われます。

なんとなくわかりましたでしょうか?

「類い」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇い」です!

さあ、もうわかりましたか?

「類い」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「たぐい」

です!

 

目にするよりも、自分で口にしたり耳にすることが多い言葉かもしれません。

ぜひ、読み方と漢字も覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA