漢字読み講座

「石楠花」ってなんて読む?(せきなんか)ではありません!

「石楠花」って何て読むか分かりますか?

(せきなんか)ではありません。

(いしくすはな)でもありません。

 

ひらがな5文字の植物です。

”〇〇〇〇〇”

 

「金銀花」とも書きます。

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「石楠花」の読み方のヒントは?

 

ヒント①:「花木の女王」と呼ばれています。

ヒント②:ネパールの国花です。

ヒント③:『夏の思い出』という曲の歌詞にもでてきます。

 

〇〇〇〇〇色にたそがれる

はるかな尾瀬 遠い空

<引用:『夏の思い出』一番の歌詞より>

 

さて、何と読むか分かりますか?

 

「石楠花」の読み方、正解は……

正解は……

 

「しゃくなげ」

 

です!

 

シャクナゲは4月~5月にかけて咲くツツジ科ツツジ属に属する植物です。

花の色は、ピンク・赤・黄色・白など豊富にあります。

 

花言葉は「威厳」や「荘厳」です。

豪華な花を咲かせるシャクナゲのイメージにピッタリですね!

 

また、葉には毒があるため「危険」「警戒」という花言葉も持っています。

 

遠くから眺めているだけで、自分のものにならないという意味の「高嶺の花」はシャクナゲに由来しています。

 

シャクナゲのように堂々とした生き方が出来たら素敵だと思いませんか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA