漢字読み講座

「金字塔」「自ら」「火男」これらの読み方は?【難読漢字に挑戦!】

今回のお題は「金字塔」「自ら」「火男」です。

どこかで見たような気もするけどなかなか難しい…

あなたには全て読むことができますか?

1問目はこの漢字から!「金字塔」

これは、何か後世に残るような功績や偉業を成し遂げたときなど、「金字塔(きんじとう)を打ち建てる」といったような使い方をしますよね。

今回の難読漢字の問題は、この「金字塔」を「きんじとう」以外の読み方を考えるものですが、いったい何の塔か分かりますか?

東京タワーやスカイツリーのような「塔」ではないのでご注意を!

 

「金字塔」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇ド」5文字です。

ヒント➁ 今はただの石ですが、建設当時は金ぴかだったという説もあります。

ヒント③ 大きな四角錐の形をしたお墓です。

 

「金字塔」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ピラミッド」です!

 

「ピラミッド」は皆さんご存じ、エジプトにある古代の王のお墓として有名ですね。

エジプト以外にも、南米などにも似たような形の巨石建造物の遺跡があり、これらもまとめて「ピラミッド」と呼ぶそうです。

 

「ピラミッド」の中で、最も有名なものといえば、エジプトのギザにある3大ピラミッドでしょう。

クフ王、カウラー王、メンカウラー王の3大ファラオのお墓を指し、スフィンクスの近くに君臨しているその姿はまさに雄大そのもの。この「ピラミッド」は世界でもっとも有名な遺跡といっても過言ではなく、そのことから「金字塔」は、「ピラミッドのように雄大で揺るぎない、後世に残る立派な業績」を表す代名詞となりました。

 

「ピラミッド」が何のために、どんな方法で作られたのかは、未だ解明されていませんが、これを紐解いた人はまさに「金字塔」ですね!

2問目はこの漢字!「自ら」

自由、自分の「自」にひらがなの「ら」で「自ら」。

タイトルにもありますが、もちろん(じ)とは読みません。

それ以外にも読み方があり、口にすることもあると思います。

さて、「自ら」と書いてなんと読むでしょう?

「自ら」読み方のヒントは?

自分という意味で合っています。

もっと言えば、自分の力で行う様子です。

そんな時に、自分の事を言い換えるとなんと言いますか?

もちろん、「私」や「僕」ではありません。

さて、「自らは」なんと読むか分かりますか?

「自ら」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇ら」です。

率先して自分で行う事を何と言いますか?

さあ、もうわかりましたか?

「自ら」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「みずから」

です!

 

「自ら率先して行う」

「自らを省(かえり)みる」

「自らあやまちを認める」

など、使った事はありませんか?

「自分から率先して行う」事を、「自ら率先して行う」と言えば

ちょっと知的な感じがしますね。

ぜひ、使ってみましょう。

 

最後はこの漢字!「火男」

「火」も「男」も、小学1年生で習う簡単な漢字です。

なのに「火男」なんて言葉は初めて聞いた!という人も多いのではないでしょうか?

「火の男」だから、火を消す「消防士(しょうぼうし)」?

それとも江戸時代の消防士である「火消し(ひけし)」?

・・・残念ながらどれも違います。

ただ、読み方を聞けば絶対知っているある「モノ」ですよ!

「火男」の読み方のヒントは・・・?

「火男」が表す「あるモノ」とは、お面です。

かまどの火を竹筒で吹くような表情をしてみてください。

さあ、そんな顔のお面・・・ありますよね?

「火男」の読み方の答えは・・・

正解は、そうです!「ひょっとこ」でした!

ひょっとこは、口をとがらせたユニークな表情の男性のお面ですよね。

神楽において滑稽(こっけい)な役の道化がかぶるお面として誕生した「火男(ひょっとこ)」。

頬かむりをしていたり、左右の目の大きさが違ったりするのが特徴です。

ユニークな表情と動きで道化の役である「火男(ひょっとこ)」ですが、かまどの火を竹筒で吹くことから「火を守る神様」「かまどの神様」なんですよ。

ちなみに神楽で「火男(ひょっとこ)」と対で使われる女性の面「おかめ」は、「福を招く神様」です。

「火男(ひょっとこ)」の読み方とともに由来も覚えたら、人に自慢できる豆知識になりますね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA