漢字読み講座

「苟も」ってなんて読む? 蒟蒻(こんにゃく)に似ていますが食べ物ではありません!

「苟も」と書いて、なんと読むか分かりますか?

筍(たけのこ)や蒟蒻(こんにゃく)に似ているからといって、食べ物ではありません。

あまり自分で使う言葉ではないですが、人が使っているのを聞いたことがあると思います。

さて、「苟も」と書いてなんと読むでしょうか?

「苟も」読み方のヒントは?

「仮にも」「かりそめにも」「仮にも」「万一にも」などという意味を持つ言葉です。

人に言う時は、

「苟もリーダーがポイ捨てをしてもいいのか!」

「苟も学級委員長なら校則を破るべきではない!」

「苟も家族の一員なら後片付けはするべき!」

などと注意する時に使います。

 

自分で使うなら、謙遜しているように見せかけ、本当はものすごく自信がある時などに使います。

たとえば「苟も学級委員長をしている限り、ずるい行動は見逃せません!」など。

あまり耳障りのいい言葉ではないので、自分で使うのは止めておきましょう。

この「苟も」を「仮に」という言葉に置き換えてもだいたい同じ意味になります。

「苟も」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇も」です!

さあ、もうわかりましたか?

「苟も」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「いやしくも

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA