漢字読み講座

「欠片」って、実は読めずにスルーしている人いませんか?「けっぺん」と呼んだら恥ずかしい!?

「欠」は、「欠ける」と言う意味の漢字ですよね。

また、「片」は、「断片(だんぺん)」や「破片(はへん)」などに使われる漢字です。

そこで「けっぺん」と読めそうですが・・・間違いですよ!

日常的によく使う言葉なので、この機会にきちんと覚えましょう。

「欠片」の読み方のヒントは・・・?

ヒントとして、「欠片」の言葉の意味を紹介します!

  1. 物が欠けた時の、その欠けた破片のこと。
  2. ごくわずかな量のたとえ。

さらに、大ヒントです。

読み方はひらがなで「〇〇〇」の3文字です。

もう、何と読むのか分かりましたよね?

「欠片」の読み方の答えは・・・

正解は、「かけら」でした!

「ガラスが割れた欠片(かけら)が飛び散った」「瀬戸物の欠片(かけら)が散らばっている」など、物が欠けた時の破片の部分のことを指します。

もう1つの使い方としては、「誠意の欠片(かけら)も感じられない」「良心の欠片(かけら)もない」などと「ごくわずかな量のたとえ」でも使われます。

こちらの使い方をマスターすると、ぐっと上級者っぽく感じられますよね。

簡単な漢字同士の組み合わせの方が、案外難しい読み方になることも多いもの。

覚えておきましょう!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA