漢字読み講座

「時期尚早」ってなんて読む? (じきなおはや)ではありません!

時期尚早」と書いて、なんと読むか分かりますか?

ニュースでもよく使われている四文字熟語です。

普段からサッと使えると、知的なイメージに映るのでぜひ活用してみてください!

それでは、「時期尚早」と書いて、なんと読むでしょうか?

「時期尚早」読み方のヒントは?

意味は、ずばり「実行するにはまだ早い」という事です。

早すぎる、まだ機が熟していないという事なので、

焦って行動を起こそうとしている人に、「時期尚早である。」と一言で諭すことができます。

タイミングが早すぎるというニュアンスも含んでいるので、「実行はするけど今じゃない」という事も伝えられるため、覚えておくと便利です。

さて、読み方ですが(じきなおはや)ではありません。

「時期尚早」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇〇〇〇」です。

もうひとついうと「じき〇〇〇〇〇」です!

さて、もうわかりましたか?

「時期尚早」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「じきしょうそう」

です!

 

反対の言葉でいうと「時機到来」ですかね!

物事のタイミングを上手く生かして乗り切りましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA