漢字読み講座

「疾っくの疾う」この言葉、しっくのしうとは読みません!

今回の難読漢字クイズは「疾っくの疾う」

もちろん「しっくのしう」とは読みません!

地域によりますが、年配の方がよく使う言い回しです。

「疾っくの疾う」の読み方のヒントは?

1.「書類の整理は疾っくの疾うに済んでいますよ!」のように使います。

2.「疾っくの疾う」の類語には「早々と」「昔々」「すでに」「一足先に」などがあります。

3.「疾っく」と「疾う」、それぞれで別に用いることが可能、同じ意味です。

正解は…

正解は「とっくのとう」でした!

「現時点から見ると、ずっと以前のこと」を意味します。

分割して使う場合は、「疾っくに出かけた」「疾うの昔に終わった」などと言いますね。

「今さら言及するようなことではない」といったニュアンスがありますよ。

「疾」の音読みは「シツ」。

訓読みは「疾(やまい)」「疾む(やむ)」「疚しい(やましい)」「疾む(にくむ)」「疾い(はやい)」「疾っくの疾う(とっくのとう)」。

「疾っくの疾う」と面白い方言

最後に「疾っくの疾う」と同じ意味の面白い方言を2つ紹介しましょう。

とっくのとんま:長野県(特に松山市辺り)

とっくのまっく:埼玉県(特に秩父辺り)

※とっくのもっく:地域不明(とっくのまっくが訛ったもの?)

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA