漢字読み講座

「斡旋」「抗う」「委細」これら3つの難読漢字が読めたら漢字マスター!

今回の難読漢字は「斡旋」「抗う」「委細」です。

読めそうでなかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読むことができますますか?

1問目はこの漢字から!「斡旋」

「斡旋」の読み方をご存じでしょうか?

「かんせん」と読むのは、もちろん間違い。

読みにくい漢字ですが、普段の会話で耳にする言葉ですよ。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「斡旋」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 商売や交渉事などで両者の問題が速やかに解決できるように第三者が間に入ること
  3. 転職先を探すため、人材の斡旋会社に登録した

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「斡旋」の読み方!正解は!?

正解は「あっせん」です!

ヒントで紹介したように、「斡旋」とは交渉事などで第三者が両者の間に入って、問題解決を図ることです。

「斡旋」は主にビジネスシーンで多く使われる言葉で、就職の斡旋、不動産の斡旋、法律相談の斡旋など、社会には様々な斡旋が存在します。

「斡旋」と呼ぶと難しく感じますが、わかりやすく言うと「仲介」ということもできるでしょう。

他に「斡旋」の類義語には「紹介」「口添え」「世話」などがありますが、解決に向けた意思の強さがそれぞれ異なるため、使い分けには注意が必要だと言えます。

2問目はこの漢字!「抗う」

「抗う」の読み方をご存じでしょうか?

「あらがう」とも読みますが、別の読み方が存在します。

今回はもう一つの読み方でお答えくださいね。

さて、あなたには読むことができますか?

「抗う」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇う」の4文字です。
  2. 他の誰かに負けまいと対抗して競うこと。
  3. 「互いに抗って譲らない」などと使います。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「抗う」の読み方!正解は!?

正解は「はりあう」です!

一般的には「張り合う」と書くことが多いのですが「抗う」とも書くことができます。

「はりあう」とは、同じ何かを目指しているもの同士が、互いに負けまいとして競い合うことです。

例文としては以下のようなものがあります。

  • 彼とはりあっても、実力の差がありすぎて勝ち目がないよ
  • 高級ブランドの服を着て見栄をはりあうのは見苦しい
  • 彼女は負けず嫌いなので、いつも誰かとはりあっている

類義語としては「競り合い」「角逐」「競争」「闘争」「太刀打ち」などがあります。

最後はこの漢字!「委細」

「委細」の読み方をご存じでしょうか?

「しょうさい」と読むのは間違いです。

混合しやすいのですが「しょうさい」は「詳細」と書きますよ。

それでは「委細」は…

あなたには正しく読むことができますか?

「委細」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字です。
  2. 詳しい事情のことを言います。
  3. 委細は面談にて。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「委細」の読み方!正解は!?

正解は「いさい」です。

意味は「詳しい事情、細かいことまで全て」など。

冒頭でお話しした「詳細(しょうさい)」も、同じような意味の言葉です。

「委」という字には「くわしい」という意味があり、「細」という字は「こまかい」という意味。

それら2つの漢字が合わさって「詳しく細かい」となるわけです。

ヒントで紹介した「委細は面談にて」という文言は、求人案内などでよく見かける言葉。

「詳しく細かい内容は、面談時にお伝えします」という意味ですね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA