漢字読み講座

【今日の難読漢字】「首魁」「殷賑」「赫怒」全部読めたら漢字マスター!「赫怒」を「あかど」と読んだあなたは…

今日の難読漢字は

「首魁」

「殷賑」

「赫怒」

です!

 

あなたは正しく読めますか?

 

最初の難読漢字は「首魁」!

「首魁」は、全然読めない!という方もいるのでは?

また「くびこん」や「しゅき」と読んでしまう人も多いです。

 

「首」は「しゅ」と読み、「魁」も2文字の読みです。

「しゅ〇〇」の〇〇に当てはまるものを考えてみましょう!

 

さて、あなたは何と読みましたか?

 

 

「首魁」の読み方、正解は…

 

気になる正解は…

 

 

 

 

「しゅかい

です!

 

「首魁」は、

「悪事や謀反などの首謀者、その張本人」という意味の言葉です!

 

映画やドラマ、小説などでは見聞きしたことがあるかもしれません。

「あの犯罪の裏には凶悪な首魁が潜んでいた」

「惨劇の首魁は、意外な人物だった」

など、裏で暗躍する人物や、悪の組織のボスを指して使われます。

 

 

一方、良い意味で使われることもあります。

その場合は「さきがけること」という意味にも使われます。

 

たとえば

「彼はこのプロジェクトで成功の鍵を見出した首魁だ」

というように使われます。

 

使い分け方が難しいので、前後の文章の意味合いで考えるといいですね。

これを機にスマートに読めて使えるようになりましょう!

 

次の難読漢字は「殷賑」!

「殷賑」は、難しい漢字に見えますよね。

でも実は、この二つの漢字は似たような意味なんです。

 

「賑」は「賑やか」の言葉にも使われているように

「にぎやか」という意味です。

読み方もわかりやすいですよね。

 

「殷」も似たような意味ですが、

この漢字一文字で、中国の古代王朝の名前にもなっています。

世界史を学んでいた方ならわかるかも?

 

 

さて、あなたは何と読みましたか?

 

「殷賑」の読み方、正解は…

 

気になる正解は…

 

 

 

 

「いんしん

です!

 

「殷賑」は、

「非常ににぎやかで活気に満ちている」という意味の言葉です!

 

少し難しい言い方ではありますが、

意味としてはとっても明るい良い言葉です!

 

「年末の上野は殷賑の極みだ」

「過去の殷賑が嘘のように寂れている」

などで使われます。

 

「殷」は、「にぎやか」「盛ん」という意味のほか

「大きな音が鳴り響く」という意味があるそうです。

 

「殷賑」という漢字の組み合わせで、

町の活気や、人々の声が響き渡っている様子が伝わってくるようですね!

 

難しい漢字ですが、一度覚えれば簡単。

これを機にスマートに読めるようになりましょう!

 

最後の難読漢字は「赫怒」!

 

「赫怒」は見た目の通り、怒ることに関する言葉です!

 

「赤」という漢字が2つ使われていることから

「せきど」や「あかど」と読みたくなってしまいますよね。

残念ながらどちらも不正解!

 

さて、あなたは何と読みましたか?

 

「赫怒」の読み方、正解は…

 

気になる正解は…

 

 

 

 

「かくど

です!

 

「赫怒」は、

「はげしく怒ること」「激怒している様子」を表した言葉です!

 

「大事なものを勝手に捨てられて赫怒する」

「赫怒のあまり顔が真っ赤だ」

というように使われます。

 

見慣れない「赫」ですが、

実はこれ自体にも「怒る」という意味が含まれます。

 

ただしこちらは、元の意味が「明るい」「盛んに」というもの。

「炎が大きく燃えて明るい様子」を表した象形文字が由来だからです。

 

そのため、怒るという意味でも

「かっと燃えるように怒る」という意味合いが強いんです。

 

そんな「赫」という字と「怒」という字を合わせることによって、

相当怒っている様子が伝わりますよね…

 

 

意味や成り立ちがわかれば、言葉が使われる情景まで伝わってきます。

これを機にスマートに読めるようになりましょう!

 

 

どの漢字も、覚えておけばスマートに使いこなせます。

ぜひ正しい読み方を覚えてくださいね!

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA