漢字読み講座

【今日の難読漢字】「海鷂魚」「店賃」「加納」「食火鶏」「惚気る」ってなんて読む?

今日の難解漢字は、

「海鷂魚」

「店賃」

「加納」

「食火鶏」

「惚気る」

です!

どれもなんとなく読めそうな漢字ばかりですが、

なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「海鷂魚」です!

難読漢字では定番の、魚へんがつく「魚シリーズ」。

 

今回は魚へんこそ付きませんが、最後の文字が魚であることから、やはり何かの魚類であることは間違いありません。

 

それにしても、2文字目の「鷂」って何と読むか分かりますか?

 

これは漢字検定1級の超難しい漢字ですが、小さなタカの種類である「はいたか」と読みます。

 

では、「海にいるタカのような魚」とはいったい何でしょうか!?

 

「海鷂魚」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 魚といえば魚ですが、大きな羽のようなもので泳ぎます。

ヒント➁ 尻尾の先には毒があるので注意!

ヒント③ この魚のヒレはいいつまみになります。

 

「海鷂魚」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「エイ」です!

 

「エイ」は、他にも「鱏」、「鱝」、「鰩」の漢字一文字でも表記されますが、いずれにしろどれも難しい漢字であることは間違いありませんね。

 

「エイ」は、魚というより大きな座布団。羽のようにヒラヒラしながら海の中を優雅に泳ぐ、まさに鳥のような魚です。

 

また、世界の海でみると、なんと500種類を超える「海鷂魚」がいることに驚きを隠せません・・・。

 

ちなみに、「海鷂魚」のヒレは「エイヒレ」として、今日もお父さん達の晩酌のつまみとなる訳ですが、海でみかけた場合は、その鋭利な尻尾の先には毒があるので注意するようにしましょう!

2つ目の漢字は「店賃」です!

「店賃」の読み方をご存知でしょうか?

「てんちん」「みせちん」?

いいえ、どちらも違います…

さて、あたなには読むことができますか?

「店賃」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  • 「店」の部分の読み方は「店子」の「店」と同じ
  • 意味は家賃と同じで、店や家の借り賃のことです

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「店賃」の読み方!正解は!?

正解は「たなちん」です!

「店」を「たな」と読むのは現代では珍しいのですが、江戸時代にはお店のことを「たな」と書いたりしたようです。

今も「店子(たなこ)」「店先(たなさき)」「店物(たなもの)」などの言葉が残っています。

「店(たな)」という言葉には、商品を陳列する棚の意味も含まれているため、お店の「棚卸し」を「店おろし」と表記することもありますね。

ちなみに、「店賃(たなちん)」というとお店の家賃を連想しますが、一般家庭の家賃のことも含みます

3つ目の漢字は「加納」です!

今回の難読漢字は「加納」です。

 

日本人の苗字でもお馴染みの「加納」さん、「かのう」の他にも読み方があるのをご存じでしょうか?

 

人の名前ではないとすると、音や意味からくる当て字が筆頭ですが、あなたは分かりますか?

 

「加納」さんじゃない「加納」、あなたは読むことが可能??

 

「加納」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇」の3文字です。

ヒント② これは国の名前です!

ヒント③ 「加」は「か」ではなく「が」です。

 

「加納」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ガーナ」です!

 

「ガーナ」とは、西アフリカにある共和制の国で、現在はイギリス連邦の加盟国でもあります。

日本ではチョコの原料であるカカオの原産国としても有名で、「ガーナチョコレート」と「ガーナ」の名前が入っただけで何だか美味しそうに感じますね!

 

そんなカカオで有名な「ガーナ」ですが、他にも金やダイヤモンドも産出できるとあって、多くの国々からも注目されています。

 

日本との関係を見れば、お菓子の「ガーナチョコレート」はもちろんですが、野口英世が黄熱病の研究を行った地としても有名で、現在では「野口記念医学研究所」が設立されているところでもあるんですよ!

4つ目の漢字は「食火鶏」です!

一見、「ひくいどり」?と思ってしまいますが、よく見ると順番が逆になっていますね。

 

「火食鳥」ならまだしも、最後の文字も「鶏」ですし、確信が持てないところです。

 

そもそも「ひくいどり」だけ聞くと、ゲームの中に出てきそうな「火を吐く鳥」や「炎をまとった不死鳥」のようなイメージがありませんか?

 

そのため、ゲームの中ではなく「ひくいどり」が実在しているのかも怪しくなってきました・・・。

 

もしかして、「火が通りやすく、食用として開発した鶏」のことかも!?

 

「食火鶏」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇どり」の5文字です。

ヒント② これはダチョウに似た姿形をしています。

ヒント③ 最初の文字は「ひ」です。

 

「食火鶏」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ひくいどり」です!

 

えー!やっぱり「ひくいどり」なんですね。

 

確かに、順番を合わせた「火食鳥」の方が一般的には表記されますが、トサカがあることから「鶏」の字を使い、さらに順番も逆にした「食火鶏」とした表記もあるんです。

 

ちなみに、「ひくいどり」は実在していて、ダチョウを少し小さくして、頭にトサカをつけた見た目をしているのが特徴です。

 

顔や首のあたりは青色、トサカは黄色、喉には赤い肉垂れがあるなど、かなりカラフルな鳥なので、「火を食う」よりは「火をまとう」の方が合っている気がします。

5つ目の漢字は「惚気る」です!

「惚気る」の読み方をご存じでしょうか?

「惚(ほ)れる」と「気」を足して「ほれける」と読んでしまうと、恥ずかしいですよ。

それでは他にどんな読み方があるのでしょう。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「惚気る」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇る」の4文字です。
  2. 自分の恋人や配偶者のことを得意げに話すこと
  3. お〇〇〇はそれぐらいにして…

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「惚気る」の読み方!正解は!?

正解は「〇〇〇る」です。

「のろける」「ノロケる」など、一般的にはひらがなやカタカナで表記されることが多いため、わからなかった方も多いかも知れませんね。

「惚」という漢字は通常は「のろ」とは読みません。

実は「のろけ」の語源は「鈍(のろ)い」にあると言われています。

ノロケ話をする人は相手に惚れるあまり、他の人の感情に鈍くなっているため「惚」を「のろ」と読むようになったということです。

恋人や配偶者を愛するのは素敵なことですが、惚気すぎは禁物ですね。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA