漢字読み講座

「名残」ってなんて読む? 名が残るという意味ではありません!

名残」と書いて、なんと読むかわかりますか?

漢字で書くと名前が残るというイメージですが、名が残るという意味ではありません。

ちなみに送り仮名は無しが正解です。

さて、「名残」と書いてなんと読むでしょうか?

「名残」読み方のヒントは?

あることが過ぎ去った後、思い出させる気配や余韻のことを名残といいます。

たとえば別れた人との思い出の詰まった服を着ると、自然に思い出すような。

他にも別れた人が褒めてくれたネイルなど、ちょっとした名残が傷跡を掘り返したり。

付き合っている時に、明日また会うのに別れを惜しむ気持ちも「名残惜しい」ですね!

部屋にある夏の名残の扇風機も、そろそろ仕舞った方がいいかもしれません。

切ないやら寂しいやら。夏のいい思い出はできましたか?

「名残」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です!

さて、もうわかりましたか?

「名残」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「なごり」

です!

 

名残が一切なくなってすっかり忘れてしまったら、うまく思い出にできたのかもしれませんね。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA