漢字読み講座

「潸然」これが読めればなかなかのもの!あなたは何と読みますか?

本日も難読漢字クイズにチャレンジ!

「潸然」を何と読みますか?

なんだかかっこいい漢字ですね。

ではヒントを見てみましょう!

「潸然」の読み方のヒントは?

1.「潸然」の類語には、「はらはら」「さめざめ」などがあります。

2.「潸然」は人間の心、感情の動きと強いつながりがある言葉です。

3『潸然として一掬の涙を紫の袴の上に落した。』夏目漱石「吾輩は猫である」より引用.

正解は…

「さんぜん」でした!

涙を流して泣く様子をあらわす言葉です。

雨の降る様子を指す場合もあります。

「潸」の音読みは「サン」「セン」です。

訓読みはありません!

でも、昔の文学作品では「さめざめ」「はらはら」と読ませるケースが多いですよ。

例:『雪女は溶けるように潸然(さめざめ)と泣く。』泉鏡花「陽炎座」より引用

例:『阿駒は潸然(はらはら)と涙を落し』巌谷小波「こがね丸」より引用

ちなみに同じ読み方の「燦(サン)」はまったく別の意味

例えば、美空ひばりの名曲「愛燦燦」は、愛が光のようにきらきらと降り注ぐことを意味しますが、タイトルを「愛潸潸」に変えた場合、涙のようにさめざめと、雨のようにはらはらと降り注ぐ意味になります。

漢字ひとつで曲のニュアンスが変わってしまいますね!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA