漢字読み講座

「衵」そ?しゅく?よく見ると違う…あなたは何と読みますか?

今回の難読漢字は「衵」です。

よく知ってる漢字「祖」「祝」に似てますが…

よく見ると違う!

あなたは何と読みますか?

「衵」の読み方のヒントは?

1.「衵」をひらがなにすると3文字になります。

2.日本の伝統芸能やきものが好きな人は知っているかもしれません!

3.『娘はその時、紅の衵を御褒美に頂きました』芥川龍之介「地獄変」より引用

正解は…

正解は「あこめ」でした!

「衵」の音読みは「ジツ」、訓読みは「あこめ」「ふだんぎ」です。

日を白にして、「袙」と書いても正解ですよ!

「衵」とは、装束の下着、または普段着や肌着を意味します。

平安時代の大人にとっては重ね着の一部でしたが、幼い子どもたちは衵だけで過ごすこともあったのだそう。

『わらはべなど、をかしきあこめすかたうちとけて』源氏物語より引用

「衵扇」とは?

平安時代の巻物を見ると、宮中の女房たちはみんな美しい扇を手にしています。

あの扇は「衵扇(あこめおうぎ)」と呼ばれます(男性用は檜扇)。

薄い檜(ヒノキ)の板を扇状にまとめて、吉祥柄が描かれた「衵扇」は、メモするとき、顔を隠すとき、物の受け渡しの際など、日常的に愛用されていたそうです。

和紙を貼った現代の扇のルーツといわれていますよ!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA