漢字読み講座

「澪標」れいひょう?読めても意味を知らない人が多いかもしれません!

あなたは「澪標」を何と読みますか?

誰もが日常的に使う言葉ではありません。

さあ、3つのヒントから連想してみましょう!

「澪標」の読み方のヒントは?

1.「澪標」をひらがなにすると5文字になります。

2.「澪標」は、大阪市の市章に定められています!

3.『壽司屋の鮨の配列、鳥屋の招牌の澪標』木下杢太郎「京阪聞見録」より引用

正解は…

正解は「みをつくし」でした!

「澪標」とは、船が往来する際の目印にする杭のことです。

船に水脈や水深を知らせる航路標識ですね!

「水脈(みを)つ串し」が語源といわれています。

また、耐え忍ぶイメージから、和歌では「身を尽くし」という意味で用いられます。

例:『わびぬれば 今はた同じ 難波(なには)なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ
』百人一首より

昭和60年に大ヒットしたドラマのタイトルでもあります。

ドラマは醤油屋の娘と網元(網元)の息子とのせつないラブストーリーでした。

どうして「澪標」が大阪市章に?

大阪市の市章(シンボルマーク)は「澪標」です。

大阪市の発展は大阪湾(昔は難波江)の海運によるところが大きいため、明治27年に制定されました。

大阪市港区海岸通のキャプテンラインには、真っ赤な「澪標モニュメント」があります!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA