漢字読み講座

【今日の難読漢字】「掠める」「醗す」「倶に」です!これがサッと読めればカッコいい!

今日の難読漢字は

「掠める」

「醗す」

「倶に」

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「掠める」です!

掠める」と書いてなんと読むか分かりますか?

色々なシーンで使われている、あの言葉です。

文房具から盗みまで幅広く使われていますよ!

さて、「掠める」と書いてなんと読むでしょうか?

「掠める」読み方のヒントは?

「掠める」は、色んな意味に使われますが、一番使うのは

ペンが掠れる」ではないでしょうか?

インクが無くなってくると、ペンが薄くなりますよね。

他にも親にこっそり悪事を働きたい時に、「親の目を掠める」などと使ったりします。

兄妹のおかずを素早く盗むときにも「一口掠める」なんて言います。

なんだか違和感が残る時に「脳裏を掠める」こともありますね!

昔は「先生の目を掠めてさぼる」って、「先生の掌がほっぺを掠める」ことも。

ギリギリで生きていたい人は、掠めるように生きているのかも。

「掠める」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇める」です!

さて、もうわかりましたか?

「掠める」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「かすめる」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

次の難読漢字は「醗す」です!

醗す」と書いて、なんと読むか分かりますか?

最大のヒントは、お酒や味噌や醤油に関係することです!

お酒好きの人はもうわかったかもしれません!

さて、「醗す」と書いてなんと読むでしょうか?

「醗す」読み方のヒントは?

「醗す」は、醗酵食品(はっこうしょくひん)のことで食品を醗酵させることです。

一度できあがったお酒や味噌を、もう一度発酵させることをいいます。

簡単に言えば酵素が広がっていくことを醗酵といい、もっと身近なもので言えば漬物もそうです!

最近では「発酵」と書かれていることが多いかも。

お酒を熟成させることを酒を醗すといい、発酵させることで旨味を出しているのですね。

醗酵という言葉が使われているだけで、なんだかおいしそうという気持ちになりますが、実際に手間暇かけて作られているので、当然美味しいです!

「醗す」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇す」です!

さて、もうわかりましたか?

「醗す」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「かもす」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

最後の難読漢字は「倶に」です!

倶に」と書いて、読むか分かりますか?

よく似ている「具に」は、(つぶさに)と読みますが、「倶に」は人偏が付いています。

「人」という漢字が増えるだけで、素敵な言葉になるのですよ!

普段あまりこの漢字を使う事はありませんが、かしこまった文面の時には「倶に」が使われることが多いです。

さて、「倶に」と書いてなんと読むでしょうか?

「倶に」読み方のヒントは?

「倶に」は、他の物と同じ状態、同じ行為をする事を言います。

一緒に、同じように、連れ立つという意味なので、読み方自体はよく口に出していると思います。

漢字で書く時も、簡単な方の漢字を使うので忘れがちな漢字ですが、ちゃんとした文面なら断然「倶に」になります。

使い方は

「私も母も倶に健康です」「父と倶に参ります」

などと目上の人に向けて使う言葉です。

「倶に」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇に」です!

さて、もうわかりましたか?

「倶に」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「ともに」

です!

 

「倶に天を戴かず」という言葉がありますが、こちらは相手の事をものすごく憎んでいて、相手とは同じ天の下で生きていけない、相手を殺すか自分が殺されるかという意味です。

色々な「倶に」がありますよね!

ぜひ、覚えておきましょう。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA