漢字読み講座

「乙張り」ってなんて読む? (おつはり)ではありません。

乙張り」と書いて、なんと読むか分かりますか?

「乙」のインパクトが強すぎて、(おつはり)(おつばり)とイメージしてしまいますが、もちろん間違いです。

むしろ「乙」の読み方さえわかれば読めてしまう、比較的簡単な漢字です。

「乙」は(おつ)(おと)(いつ)(きのと)ともうひとつ読み方があります!

さて、「乙張り」と書いて、なんと読むでしょうか?

「乙張り」読み方のヒントは?

まあまあ日常で使う言葉です。

絵でも、服でも、仕事でも、時間の使い方でも「乙張り」が大事ですからね!

それから演劇などのセリフの強弱も「乙張り」を使っています。

「乙張り」の意味は、ゆるむことと張ることです。

全身ががちがちのコーディネートよりも、少しゆるんだところがあった方が好感度があがります。

セリフも、小さな声があるから大きな声が印象に残ります。

仕事もずーっと大変だったら辞めたくなりますが、たまにほっと一息つくことができればまた頑張れますよね!

「乙張り」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇り」です。

さて、もうわかりましたか?

「乙張り」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「めりはり」

です!

 

「乙張り」を意識すると、気持ちも体も楽になれます。

ぜひ、試してみてください。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA