漢字読み講座

【公魚】なんと読むかわかりますか?「こうぎょ」ではなく・・・

「公魚という漢字。

あなたは読むことができますか?

もちろん「こうぎょ」ではありません。

さて、なんと読むでしょうか?

「公魚」の読み方のヒントは?

「公魚」には魚の文字が含まれていることから分かる通り、魚の仲間です。

小さめの魚なのですが、新鮮なまま天ぷらにするととってもおいしいです。

冬に凍った湖に穴をあけ、この魚を釣るのがレジャーとして人気です。

わかりましたか?

正解は…

それでは、正解の発表です。

正解は…

ワカサギ

でした!

想像どおりだったでしょうか?

江戸時代、ある藩が徳川家にワカサギを献上したところ、大変気に入ったそうです。

それから、ワカサギには将軍家を示す「公」という文字が含まれた「公魚」という字が当てられるようになったそうです。

将軍家が気に入った魚だと思うと、少し見え方が変わってきますね。

ぜひ次にワカサギを見かけた際には「公魚」という漢字とともにそんなエピソードを思い出してみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA