漢字読み講座

【これは簡単!「こおりがし」でしょ?・・え?違う?】これは「こおりがし」ではありません!

暑い夏にはやっぱりコレですね!

 

うだるような暑さの中を歩いている時、その先にコンビニやスーパーなどを見つけたら思わず直行してしまうアイスコーナー。

 

昔から、かき氷など子どもが喜ぶアイスがありますが、今回の漢字はまさにそれ!

でも、そのままダイレクトに「こおりがし」とは読みません。

 

さあ、この漢字はいったい何と読むのでしょうか?

 

「氷菓子」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「かきごおり」ではありません。

ヒント➁ 味や形は、いろんなものがあります。

ヒント③ これはカタカナ読みです!

 

「氷菓子」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「アイスクリーム」です!

 

言われてみればズバリそのままなんですが、「氷菓子」という漢字がもつイメージは、どちらかといえばチョコやバニラというよりも、イチゴやメロンのシロップなどがかかった「かき氷」のイメージが強いと思います。

 

そんなアイスクリームですが、実は規格があるのをご存じでしょうか?

 

国によっても多少の違いはあるようですが、日本では乳固形分と乳脂肪分が最も高いものを「アイスクリーム」と呼び、その成分が低くなるにつれ、「アイスミルク」、「ラクトアイス」となっています。

 

ちなみに、乳成分をほとんど含まずクリーム状になっていない「氷菓」というのもありますので、今度「氷菓子」を買うときにはパッケージを見てみると面白いかもしれませんよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA