漢字読み講座

【これはサービス問題!?読める人もきっと多いはず!】「絢爛」、この漢字は読めますか?

この漢字はよく目にもしますし、言葉としても聞くことが多いため、サービス問題と言ってよいでしょう。

 

「絢」は、人名によく使われる漢字で、「けん」や「あや」と読み、色とりどりの糸が織り込まれているような、きらびやかな意味をもつ漢字です。

「爛」の字は、「焼けただれる、くさる」というような怖い意味の言葉の他に、「あざやか、はなやか」という意味ももつ漢字です。

 

さあ、「絢爛」と書いて何と読むのでしょうか?

 

「絢爛」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 意味は「豪華、きらびやか、華やか」といったものです。

ヒント➁ 「け〇〇〇」の4文字です。

ヒント③ 「豪華絢爛」でもいいし、「絢爛豪華」でもいいです。

 

「絢爛」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「けんらん」です!

 

今回は正解した方も多いはず。

昔のお殿様が住んでいたお城にある「金の屏風」や中世ヨーロッパの豪華な宮殿など、イメージとしては「金ぴか」という言葉がぴったり当てはまる「絢爛」。

通常は、「豪華」という言葉がセットになり、さらにゴージャス感が増していますよね。

 

見た目そのままに、華やかで美しく、豪華な様を表すときに使われるほか、詩や文章が豊富な語彙(ごい) や凝った言い回しなどで美的に飾られていて、その表現方法が華やかな場合にも「絢爛」が使われたりします。

 

単純に、見た目だけが豪華ではなく、中身や本質にも磨きがかかっていて、中身から「絢爛」でありたいものですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA