漢字読み講座

【読めないと恥ずかしい】「殊に」ってなんて読む?「しゅに」と読んだ方は、残念ハズレです……!

「殊に」

この言葉は見かける機会が多く、意味を何となく知っているけれど、声で聞く機会はあまり多くないかもしれません。

「朱」から連想して「しゅに」と読みたいところですが、正しくは違います。
今日はこの漢字の読み方を考えましょう!

「殊に」読み方のヒントは?

「殊に」には、通常とは違って顕著に、とりわけ、特に、それに加えて、などの意味があります。

「熱帯魚のなかでは、殊に『ベタ』が美しい」
「このエリアは殊にペット好きに人気で、散歩中のワンちゃんに会わない日はない」
などのように使います。

言い換え表現としては「特に」や「とりわけ」を使う方が多いですね。

おわかりでしょうか?

「殊に」の読み方、正解は……

「殊に」の正解は……

「ことに」です!

「殊にすばらしい」
「殊に美しい」
のように、物事の状態が普通とは違う様子を表します。

「ことさら暖かい春」などの「ことさら」も同じ漢字を使い、
「殊更」と書きますよ。

殊に感想やメールを書くときは、「特に」「とりわけ」を用いるよりも、「殊に」と書くほうが、ややかっこよく見えるので、ぜひ取り入れてみてください!

ABOUT ME
猫村仁奈(ネコムラニナ)
ライターの猫村仁奈(ネコムラニナ)です。 読書や小説執筆、お絵描き、ゲームなどが大好き。 絶賛おうち時間堪能中のインドア派です。 よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA