漢字読み講座

【読めますか?】「女郎花」ってなんて読む?ストレートに読んだら「じょろうばな」ですが、違いますよ!

花の名前って、どうして難しい読み方をするのでしょう?

「あじさい」は「紫陽花」
「ひまわり」は「向日葵」……。

どれもこれも、ストレートには読めません……!

ではでは、「女郎花」は、なんて読むかわかりますか?
一緒に考えてみましょう!

「女郎花」読み方のヒントは?

「女郎花」は、日本で古くから親しまれている花で、秋の七草の仲間でもあります。

女郎花とよく似た花には「男郎花」があり、「男郎花」はオトコエシと読みます。
ということは、「〇〇〇エシ」と読むのが正解だと考えられますね!

「〇〇〇」の部分は、ストレートに「オンナ」と読むのではありません。
きっとここまでヒントがあれば、知っている花が1つは見つかるはず……!

「女郎花」の読み方、正解は……

「女郎花」の正解は……

「おみなえし」です!

女郎花の名付け由来は諸説あります。

1つ目の説は、男郎花と比較して、女郎花の花には優しい雰囲気があるからです。
女郎花の持つ優しい雰囲気が、男郎花に対して女性らしいということから「女郎花」と書くようになりました。

2つ目の説は、「女飯(オミナメシ)」から。
昔、女性は黄色い栗ごはんを食べていたといわれており、栗ごはんのことを「女飯」と呼んでいました。
女郎花の花が栗ごはん(女飯)のように黄色いことから、「オミナエシ」と書くようになったのだとか。

ABOUT ME
猫村仁奈(ネコムラニナ)
ライターの猫村仁奈(ネコムラニナ)です。 読書や小説執筆、お絵描き、ゲームなどが大好き。 絶賛おうち時間堪能中のインドア派です。 よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA