無印良品

残さずキレイに使い切り!無印良品のジャムスプーンが用途無限大で使える♪

皆さんは、無印良品の超人気商品といえば、何を思い浮かべますか?

食品から文房具、コスメや家電まで、数多くのアイテムが揃う無印良品。

その中でも「シリコーン調理スプーン」は、有名なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

勿論、私もすでに購入済み。
毎日の料理で大活躍しています!

しかし、私がオススメしたいのは、同シリーズの「シリコーンジャムスプーン」
これが調理スプーンに負けず劣らず、とっても便利なアイテムなんです!

今回は、私が実際に購入して良かった点や、気になった点をご紹介したいと思います♪

こちらが無印良品の「シリコーンジャムスプーン」

無印良品「シリコーンジャムスプーン」
マットな質感が高級感アリ
裏面はこんな感じ

価格は消費税込みで390円です。

スプーンの形状が、先端に向かってやや細くなっていく、台形のような面白い形ですね。

微妙に角度が付いています

持ち手の部分はナイロン素材、先端のみシリコーン素材になっています。

シリーズの他アイテムは、全体がシリコーン素材なのですが・・・。

なぜ素材が違うのでしょうか?笑
公式サイトにも特に記載が無く、謎ですが・・・価格設定の問題かな?と思っています。

パッケージには、持ち手部分の耐熱温度は180℃、先端部分は200℃と書かれています。

素材が違っていても、熱にはかなり強いので、特に不便は無さそうですね!

また、食洗機対応可の記載もありました◎

全長が約19cmと長い作りのため、細長い瓶の底に残ったジャムも、無駄なく使い切れます。

我が家にはオシャレな細長い瓶が無かったのですが、通常のジャム瓶と比べると、こんな感じ。

持つ部分を考慮してもかなり余裕が

また、シリコーンがソフトな素材なので、ジャム瓶の形状にフィットし、残ったジャムを掬いやすい!

先端に行くほど薄く、よりフィットしやすくなっています

先端の形状が台形になっているおかげで、底面に当たる面積が大きいのも、取りやすさの大きなポイントだと思います✳︎

円形・多角形など様々な形に対応

さらに「スプーンを台の上にちょい置きしたい!」という時にも、便利な工夫が。

置いてみると、スプーンの先端が少し浮いているのが、分かるでしょうか?

先端をよく見ると・・・
台から浮いています!

小さな工夫ですが、衛生的にもとても助かりますね◎

商品名は「ジャムスプーン」となっていますが、私がこのスプーンを使用するのは、ジャムだけではありません。

少量の味噌汁を作る時に、味噌を掬ってそのまま鍋の中で味噌を溶かしたり・・・
合わせ調味料を混ぜ、フライパンで炒めたり・・・

お弁当用などのちょっとした調理は、このジャムスプーンで済ませてしまうことも多いです。

大きいサイズの調理スプーンは、割と重さがあるので、軽くて扱いやすい点も気に入っています。

ブラックのカラーが、シリコーン素材にありがちな、色移りの心配が無いのも嬉しいポイントですよね。

しかし、匂い移りは避けられないので、この点は注意してください!

私が一番気になった点は、ジャムスプーンの収納に関する問題です。

調理スプーンには、持ち手部分に穴が開いていたため、コンロの横にS字フックで吊るして収納しています。

しかし、このジャムスプーンには穴が開いていません。

使用頻度も高いので、調理スプーンの隣に吊るして収納したかったのですが・・・残念です・・・。

仕方ないので、私はコンロから一番近い引き出しに入れています。

とはいえ、使いやすさは全く問題無し!
購入して本当に良かったな〜!と満足しています。

今回は、無印良品の「シリコーンジャムスプーン」の良かった点・気になった点をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです♪
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA