睡眠

睡眠と読書の関連性は?寝る前の読書が睡眠にもたらす5つの効果!就寝前に本を読む際の3つの注意点も解説!

「寝る前に本を読むと良いって本当?」
「睡眠と読書にはどんな関係がある?」
「寝る前の読書にはどんな効果があるの?」

上記のような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。結論から言えば、読書は睡眠に良い効果を与えてくれます。

この記事では、寝る前の読書が睡眠にもたらす5つの効果、ならびに3つの注意点を解説しています。ぜひとも参考にしていただけたら幸いです。

寝る前の読書がもたらす5つの効果

寝る前の読書がもたらす効果は下記の5つです。

  • 睡眠の質を向上させる
  •  創造性が養われる
  • ストレスが軽減される
  • ネガティブ思考に陥らない
  • 内容が記憶に残りやすい

1つずつ見ていきましょう。

睡眠の質を向上させる

読書は気分を落ち着かせ精神を安定させてくれるので、心地よい気分で眠りに就けます。睡眠の質も向上し、気持ち良く朝を迎えることができるでしょう。

創造性が養われる

寝る前の読書は脳の筋肉が柔軟になり、創造性・想像力に良い刺激をもたらします。目を覚ました際は、創造的かつ新しいアイデアが出やすい状態になっているでしょう。

ストレスが軽減される

読書にはストレスを軽減し、気持ちを落ち着かせてくれる効果があります。一日のストレスをリセットすることで気持ちよく眠れ、心地よい気分で目覚められるのです。

ネガティブ思考に陥らない

読書をすることでネガティブなことを考えにくくなります。就寝前に本を読めばネガティブ思考に陥らず、寝られないという状態になる心配もありません。

内容が記憶に残りやすい

寝る前の読書は本の内容を普段より記憶しやすいです。参考書やビジネス書など、特に覚えたい内容がある本は寝る前に読むのも良いですね。

寝る前の読書で注意すること3つ

寝る前の読書において、注意点も3つあります。

  • ベッドに寝転がって読むのを避ける
  •  続きが気になっても決めた時間以上は読まない
  • 電子書籍ではなく紙の本を読む

1つずつ見ていきましょう。

ベッドに寝転がって読むのを避ける

寝転がった状態で本を読むと首・肩・腕に負担がかかってしまいます。また乱視の原因にもなるので、寝転がった状態での読書はおすすめしません。ベッドで読むにしても座った状態で読むのが良いでしょう。

続きが気になっても決めた時間以上は読まない

続きが気になって夜更かししてしまい、翌日に支障が出ては本末転倒です。あらかじめ読む時間を決めておき、決めた時間以上は読まないことを心掛けましょう。退屈な本をあえて読むのも1つの方法ですよ。

電子書籍ではなく紙の本を読む

電子書籍はブルーライトを発しているので、意識を覚醒させ寝付きにくい状態に陥ってしまいます。よって電子書籍ではなく紙の本を読みましょう。電子書籍は寝る前の読書に向いていません。

まとめ

この記事では、寝る前の読書が睡眠にもたらす5つの効果、ならびに3つの注意点を解説しました。寝る前の読書は複数の良い効果をもたらせてくれます。

読書をすることで知識が付くのはもちろんですが、寝る前に読書をおこなうだけで+様々な恩恵を受けられるでしょう。ぜひ、寝る前の読書を検討してみて下さい!

この記事が少しでも参考になったなら幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
saiko461
26歳男。経理職を5年間経験し退職。2021年からライター業を始め、現在はフリーライターとして活動中。主にクラウドワークスを利用し、プロクラウドワーカーの認定も受ける。仕事の相談お待ちしております!【得意ジャンル・財務関係(経理)、資産運用、恋愛系、ビジネス・経済、暮らし・生活、思想・文学】 【資格・日本漢字能力検定2級・日商簿記検定2級・電卓検定2段・エクセル技能検定3級・FP技能検定2級(ファイナンシャルプランニング技能士)・WEBライター検定3級(クラウドワークス様主催)】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA