睡眠

睡眠の意外に知らない豆知識 睡眠で毎日を健康に過ごそう!

睡眠は健康に欠かせない「大切なカラダと心の休養」です。普段の生活において「疲れがとれない」、「朝の目覚めがよくない」など感じたことはありませんか?

ぐっすりと眠ったはずなのに体がだるい…。

それは、睡眠の質に問題があるのかもしれません。今回は睡眠の豆知識を集めてみました。是非参考にしていただけると睡眠の改善のヒントになるかもしれません。

知ったらすぐ実践♪ぐっすりと快眠豆知識

ぐっすり快眠したい方に寝る前にちょっと意識して行うことで快眠効果が期待できる豆知識についてご紹介していきます。

コーヒーで安眠♪目覚めはすっきり!嬉しいW効果

コーヒーの成分と言えばカフェイン…。

睡眠に避けたい飲み物というイメージですが、実はコーヒーは快眠効果と朝の目覚め効果の2つの効果が期待できる飲み物なんです。

睡眠前にコーヒーの匂いを嗅ぐことでリラックス効果が期待でき、ぐっすり眠れるようになるのです。

特におすすめコーヒー豆は、ブルーマウンテンやグアテマラと言われていて寝る前に香りを嗅ぐとアルファ派がでやすくなり、脳がリラックスされることでぐっすり眠りことができます。朝はコーヒーを飲むことで目覚めすっきり♪  

寝る前に食べて快眠!キウイフルーツ

朝食に食べるイメージのキウイフルーツですが、キウイフルーツに含まれている抗酸化物質とセロトニンが自律神経を整えるホルモンの生成を促し、入眠や不眠の改善に効果があると言われています。

睡眠中は、副交感神経の働きがよくなるため、腸の働きが活発な夜に食物繊維のキウイフルーツを食べることで腸内環境をより整えてくれます。

また、キウイフルーツはビタミンやカリウムが豊富!美肌効果やむくみが気になる方にもおすすめ!寝る1時間前に食べることでたくさんの嬉しい効果が期待できます。

ホットミルクでほっとリラックス♪

寝る前のホットミルクが快眠効果があることは皆さんもご存知ですよね。

そのホットミルクにちょっとひと工夫。成分無調整牛乳に少量の砂糖で甘さを加えるともっと効果的なんです。砂糖の代わりにきなこや抹茶、はちみつで甘さを加えるのもおすすめです。

ホットミルクには、セロトニンの原料となるトリプトファンが含まれています。トリプトファンはアミノ酸の一種で体内で作ることができないため、食べ物や飲み物から摂取することが不可欠になります

寝る1時間前に電子レンジで人肌くらい程度に温めてゆっくりとリラックスしながら飲むと効果的です。

睡眠クイズ

  1. 睡眠時間は、何時間が健康とされているでしょうか? ①4時間②7時間③10時間
  2. 睡眠中に失われる水分量はどのくらいでしょうか? ①約10ml②約100ml③約500ml
  3. 夕食は就寝前の何時間前に済ませると良いでしょうか? ①何時前でもよい②2-3時間③5時間以上
  4. 睡眠に良い影響を与える入浴のお湯の温度は何度くらいでしょうか? ①45℃以上②40℃③シャワーのみ
  5. 就寝前のおすすめな運動はなんでしょうか? ①ジョギング②激しい運動③ヨガ
答え

1・②7時間 2・③500ml 3・③2-3時間 4・②40℃ 5・③ヨガ

まとめ

快眠に効果的な豆知識について解説してきましたが、いかがでしたか?

睡眠を改善したいと思っている方は日常生活のちょっとした工夫からはじめてみましょう。必ず就寝する1時間前を目安に行うことが大切です。

睡眠は、人間にとって欠かせない休養です。他にも睡眠にいいことはたくさんあります。色々知って快適な睡眠に心がけいきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA