睡眠

短い睡眠で集中力が回復する?午後のやる気を回復するパワーナップとは

「お昼を食べてさぁ午後も頑張るぞ!」
と意気込んだのはいいものの、全然集中できない…という経験はありませんか?

今回はそんな時におすすめの短い昼寝=パワーナップについて紹介します。

パワーナップとは?

仮眠をとる男性

パワーナップとは20~30分ぐらいの時間の短いお昼寝のことです。

世界的にも注目度が高く、積極的に取り入れてる企業も多いんですよ。

パワーナップの効果

・集中力や注意力が回復
・疲労がとれる
・気力も回復する など

短い睡眠ですが、こんなにも嬉しい効果が沢山あります!
NASAもパワーナップを研究していて、ある実験では認知力が34%、注意力が54%向上したので驚きですよね。

注意力以外にも疲労感ややる気にも効果的です。
身体や脳がスッキリするので、意欲もわいてくるはずですよ!

おすすめのお昼寝方法

せっかく取り入れるなら、より効果的な方がいいですよね?
ではここからはおすすめのパワーナップのやり方について紹介します。

パワーナップ3カ条

突っ伏す女性

1.時間は20~30分
眠りが深くなる前に起きるのが一番のポイントです。
目覚めやすく、メリットも多い長さになります。

2.できるだけ静かで暗い場所
眠りを妨げるものはできるだけ排除しましょう。
難しい場合はイヤホンやアイマスクなど使ってみるといいでしょう。

3.無理して横になる必要はない
30分で起きられない!という人は無理して横になる必要はありません。
時間でちゃんと起きることが大事なので、机に突っ伏したりでも大丈夫です。

コーヒー×パワーナップ

コーヒー

より集中力をあげたい場合はコーヒーも組み合わせてみましょう。

やりかたは簡単でコーヒーを飲んでお昼寝するだけ!
これだけで通常よりもかなり回復した状態で目覚めることができます。

なぜ寝る前にコーヒーを飲むかというと、カフェインの覚醒作用が出るのに飲んでから時差があるんですよね。人によりますが大体30分後くらいからが目安となります。

そして勘のいいかたはお気づきでしょう。
覚醒作用が現れる時間=パワーナップの時間ということに。
つまり寝て起きたころにちょうど覚醒し始めるので、より効果的になるというわけです。

注意点

最後に注意がひとつあるのでお伝えしておきます。

長く寝過ぎないようにしましょう!
ついつい眠気の誘惑に負けちゃうことはあるでしょうが、寝過ぎは夜に響いてきますからね。夜寝れなくなっては元も子もありません。

基本は夜しっかり寝ることが大切です。
そのうえで補助的に昼寝をするというイメージを持ってるといいでしょう。

おわりに

今回はパワーナップについて紹介しました。

午後からも頑張りたい方や成果をあげたい方はぜひ参考にしてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA