BAKUNE

BAKUNEとBAKUNE DRYの違いを3つのポイントで徹底解説!

疲れを癒し、眠りを深く…こうして次の朝を気持ちよく迎えたいですよね。

今回ご紹介するBAKUNEリカバリーウェアは疲労や睡眠の悩みを軽減してくれます。着用後に心も体も”軽さ”を感じられるでしょう。

ただ、BAKUNEリカバリーウェアには、いくつかの種類があり「実際どれを買ったらいいの?」と悩む人もいるようです。

そこで、本記事ではBAKUNEのスタンダードタイプとDRYタイプをピックアップ。両者を比較しながらリカバリーウェアを選ぶポイントを解説します。BAKUNEリカバリーウェアを実際に利用されている人も、BAKUNE DRYの良さを確認しましょう。

BAKUNEリカバリーウェアを使った口コミはこちら!

BAKUNEとBAKUNE DRYの違いは?3つのポイントで解説!

最初に、BAKUNEとBAKUNE DRYの価格とサイズ、カラーをチェックしましょう。下記のとおりですので参考にしてみてください。

商品 BAKUNE上下セット(長袖+ストレートパンツ)

https://kencoco-s3-pro.imgix.net/skus/uah7w9amcy-1679320109213.jpg?auto=compress&lossless=0&auto=format&w=1

BAKUNE DRY上下セット(T-shirt/長袖 + ストレートパンツ)

https://kencoco-s3-pro.imgix.net/skus/iawfgz1rfbr-1663677638559.png?auto=compress&lossless=0&auto=format&w=1

価格 税込22,000円 税込19,800円
カラー ネイビー・ブラック・グレー・ベージュ・ダークカーキ ネイビー・ベージュ
サイズ XS・S・M・L・XL・2XL S・M・L・XL

BAKUNE 上下セットは、男女兼用タイプです。なお女性サイズについてはBAKUNE Ladiesがご利用いただけます。

BAKUNE DRY上下セットもユニセックスタイプですが、女性にはBAKUNE DRY Ladiesがおすすめです(またBAKUNE DRY ショートパンツも用意されています)。

価格・カラー・サイズ以外の違いについては、次より3点解説します。着用時期や着心地など、BAKUNEの特徴がわかる内容になっていますので、通してお読みください。

BAKUNEとBAKUNE DRYの違い1.着用の時期

BAKUNEとBAKUNE DRYの違いの1つめ「着用の時期」とは、ウェアを着るのに適した時期を指します。

BAKUNEは、秋・冬・春の時期、およそ気温が15℃以下で心地よい着心地を得ながら寝られます。

このように、幸福感が伝わるツイートも投稿されています!

ただ、BAKUNEについては(人にもよるでしょうが)夏の暑い時期にはあまりおすすめできません。とくに暑がりの人は、夏用としてBAKUNE DryあるいはBAKUNE DRYのTシャツタイプをおすすめします。

ちなみにBAKUNE DRY(長袖)は、春・夏・秋におすすめで、15℃から20℃ぐらいを目安にすると良いでしょう。

BAKUNE DRYのTシャツタイプを着用する場合は、真夏はもちろん、春・夏・秋まで着用できそうです。場合によってはショートパンツを選んでもいいですね。

いずれにしても、体温調節や体感温度は人によって異なりますので、あくまでも目安として活用&選択してみてください。

BAKUNEとBAKUNE DRYの違い2.生地

BAKUNEとBAKUNE DRYはそれぞれ生地に違いがあります。ここでは、生地に関する情報として4つのポイントにわけて表で比較してみましょう。

商品 BAKUNEhttps://kencoco-s3-pro.imgix.net/skus/w4p657qwbbg-1679320111442.jpg?auto=compress&lossless=0&auto=format&w=1 BAKUNE DRYhttps://tential-ec-pro.imgix.net/sku/6308764b29cfa40012cfd67f/3.jpg?auto=compress&lossless=0&auto=format&w=1
素材&特徴 綿・ポリエステル・ポリウレタン/保温性 ポリエステル/速乾性
肌触り 柔らかく温もりを感じる つるっと涼しげ
厚さ 厚め 薄め
伸縮性 伸びる あまり伸びない

BAKUNEとBAKUNE DRYの違い2.生地①素材

BAKUNEは生地に綿が含まれているため、保温性を保てますBAKUNE DRYの生地はポリエステルで作られており、汗をかいてもすぐ乾く速乾性が特徴です

利用者のなかには、BAKUNE DRYのようなポリエステル素材よりも、天然素材である綿が入ったBAKUNEの方が肌触りのよさを感じる人もいるでしょう。

「この季節には〇〇が絶対ベスト!」とはいえないもの事実…。

ただ、スポーツウェアの生地で寝るのに慣れている人はBAKUNE DRYを、綿100%のパジャマに親しみのある人は、BAKUNE…にすると違和感なく利用できそうです。

BAKUNEとBAKUNE DRYの違い2.生地②肌触り

BAKUNEは、柔らかくてぬくもりを感じやすいのが特徴です。パーカーの生地に似ており、裏面はループ状になっているため体温をキープするのに適しています。

BAKUNEは寒い冬には合っていますが、真夏の暑い時期には寝苦しさを感じるでしょう。この場合はBAKUNE DRYが重宝すると思います。

BAKUNE DRYは、サラサラした感じで、夏場の睡眠を快適にしてくれます。

BAKUNEとBAKUNE DRYの違い2.生地③厚さ

生地の厚さを比べてみると、BAKUNEの方がBAKUNE DRYよりも厚めです。といっても、「予想より薄い」といった利用者の声もあります。

BAKUNE DRYはかなり薄いのですが、生地そのものは「しっかりとした」感じで、洗濯にも強い印象を受けます。

BAKUNE DRYの素材「ポリエステル」は丈夫でしわになりにくいといわれます。また、くり返し洗濯をしても縮んだり型崩れしたりすることはなく、公式サイトでも「洗濯により機能が低下することはございません」と書かれています。

ただ、薄い生地の場合は、洗濯機の遠心力で伸びてしまう可能性もあるでしょう。毎日洗濯する場合は、洗濯ネットに入れたり乾燥機は避けたりするなど工夫してみてください。

BAKUNEとBAKUNE DRYの違い2.生地④伸縮性

さて、伸縮性ですが、BAKUNEの方が綿が含まれているため伸び縮みしやすいといえます。ただし、BAKUNE DRYが着心地の悪さを感じるわけでもなく、不思議と動きやすいのも確か…。

矛盾した理由に、生地の素材とは別の「デザイン性」が関係しているようです。というのも、シリーズそのものが「寝返りを妨げない独自パターンでストレスフリー(公式サイトより)」といった特徴をもっているためです。

BAKUNEシリーズは、肩や腕まわりの構造を変え、寝返りをした際の生地の引きつりを軽減する構造になっています。

BAKUNE DRYは、スポーツウェアのように動きやすい作りであるといえるのです

BAKUNEBAKUNEとBAKUNE DRYの違い3.デザイン

https://kencoco-s3-pro.imgix.net/page_parts/wam6vei9gtj-1662702372614.png?auto=compress&lossless=0&auto=format&w=1前述で、身体の動きに合わせたデザイン性を備えているとお伝えしました

睡眠中は20回以上も寝返りをするといわれます。このため、その動きに対応しうるデザインであるのは重要ポイントですよね。

寝苦しさを感じやすい人のなかには、首回りが気になることが多いでしょう。BAKUNEとBAKUNE DRYの首回りは微妙に異なります。

実は、BAKUNE DRYの方が、首回りが大きくなっています。つまり、首回りを大きくすることで熱を逃しやすく、夏の暑さに対応しうる構造になっているのです。

一方BAKUNEは、熱を逃さないように若干”きつめ”の首回りになっています。人によっては少々窮屈さを感じるため、場合によってはワンサイズアップを選んでみてくださいね。

BAKUNEリカバリーウェアの特徴について解説

さて、ここまでBAKUNEとBAKUNE DRYの違いについて解説いたしました。

ここでは、BAKUNEリカバリーウェアについて改めて整理したいと思います。BAKUNEリカバリーウェアの特徴や効果はたくさんありますが、ここでは下記の3点にまとめます

  • 血行が促進され疲労回復につながる
  • 肌触りや着心地がよい
  • 男女ともに使えるサイズ・カラー展開

それぞれについて、次より詳しく解説します。

BAKUNEリカバリーウェアの特徴①血行促進で疲労回復

公式サイトには「着て、寝て、疲労を軽減するリカバリーウェア」と紹介されています。

身体の状態やメンテナンスに関心の高い元アスリートが、知見とビッグデータを活用しながら検証を重ねて開発したのがBAKUNEリカバリーウェアです。

特殊機能繊維SELFLAME®により、体温を使いながら+0.4度、温度を上昇させるとか。極小セラミックス粉末を独自配合したSELFLAME®が、自らの体温を輻射した結果、全身の血行が促進されるといいます。

こうした科学的な営みが、肩や腰のコリの軽減に加えて「心地よいぬくもり」を感じさせるといえるでしょう。

BAKUNEリカバリーウェアの特徴②肌触りと着心地のよさ

「心地よいぬくもり」は肌を通して感じられるもの。実際に生地を触ると、しっとりと優しい感じで気持ちをリラックスさせてくれます。

とくに寒い冬場や夏の冷房で身体が冷え切った人には、BAKUNEリカバリーウェアが救いの主となるでしょう。その理由は一般的なスリーピングウェアと比べて「心地よいぬくもり」を長い時間キープしてくれるためです。

ちょっとした温度差で夜目を覚ましてしまう人、寒すぎず暑すぎない着心地を求める人にはピッタリのウェアです。

下記のツイートのコメントを見ても、BAKUNEのメリットをおわかりいただけますよ。↓

疲労回復効果…に関して正直にコメントされていますが、肌触りとあたたかさは確かに実感できるようです。

また、「心地よいぬくもり」だけでなく、寝返りのしやすさがBAKUNEリカバリーウェアの特徴といえます。寝返りは、体温を調節したり血流の循環をよくしたりするために重要な役割を果たします。

つまり、自然に寝返りを打てる状態がベストな睡眠!。動きやすい構造になっているBAKUNEリカバリーウェアは、まさに快適な睡眠に必要なアイテムといえるでしょう。

BAKUNEリカバリーウェアの特徴③男女ともに使える

BAKUNEリカバリーウェアは、男女問わず幅広い年齢層に使えるウェアです。最初に紹介したように、サイズやカラーのバリエーションが豊富なのも、おすすめしたいポイント!

BAKUNEリカバリーウェアは、テーマは「家族」であり「夫婦」であり…と思えるほど、ナチュラルなデザインやカラーが特徴となっています。

カラーは、ネイビー、ブラック、グレー、ベージュ、ダークカーキ。また、サイズもXS・S・M・L・XL・2XLとなっており、男性にも女性にもお使いいただけるバリエーションです。

※ちなみに、女性にはBAKUNE Ladiesとして、ジョガーパンツやフレアーパンツも用意されています。下記を参考にしてみてください。

  • やわらかくゆったりシルエット
  • シアバター加工でしっとり滑らかな肌触り
  • 肌色を明るくする血色カラー
    (オフホワイト・ブラウン・ライトグリーン・スモークピンク)
  • S・M・Lのサイズ展開

年代を問わず、夫婦や家族でそろって「心地よいぬくもり」を味わえるのもうれしいですね。

BAKUNE DRYの特徴について解説

BAKUNE DRYは、暑い夏でも快適に寝られるウェアです。今回紹介したように長袖タイプもあればTシャツ、つまり半袖もあります。

人によって寒がり暑がりといった違いがあるでしょう。BAKUNEシリーズは、それぞれの体感温度や体型に合わせたウェアを展開しており、BAKUNE DRYもその一つと考えられます。

特徴として、下記の3点を取り上げます。

  • さらっとした肌触りが心地よい
  • 吸湿速乾性がよい
  • 冷房使用時でも冷えすぎない

次から順に解説します。

BAKUNE DRYの特徴①さらっとした肌触り

なんといっても、夏場でも、ツルツルサラサラの肌触りを感じられるのがうれしいですね。BAKUNE DRYは、触っても着てもわかる清涼感が支持されています。

生地の感じは、スポーツウェアと同じような質感ともいえます。夏場にスポーツTシャツを着るのに慣れている人は、さらっとした肌触りのBAKUNE DRYで違和感なく寝られそうです。

BAKUNE DRYの特徴②吸湿速乾性

BAKUNE DRYは、BAKUNEとは異なりポリエステル素材で作られています。ポリエステルは吸湿性と速乾性を両方兼ね備えているのが特徴です”汗をかいても程よく吸い取りながら乾かす”ため、スポーツウェアや寝具に使われています。

吸湿性については綿よりも低いため、ポリエステル素材の服を着て寝ると不快感を覚えるかもしれません。ただ、現在では水分を発散させる機能性の高いポリエステルが開発されており、BAKUNE DRYのその一つ。

実際に購入された方が、次のようにインスタグラムでコメントしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

gen maeda(@gengenball)がシェアした投稿


常に寝汗をかく場合、うまく吸い取ってくれないと夏場でも風邪をひいてしまいますよね。しかし、コメントにあるようにBAKUNE DRYであれば安心して朝までぐっすり寝られそうです。

BAKUNE DRYの特徴③冷えすぎない

BAKUNE DRYを着用した人のなかには「エアリズムに似ている」といった感想をもつ人がいます。ほかに「BAKUNE DRYは冷えすぎないからよい」という声も聞かれます。

これは、BAKUNEリカバリーウェアの「血行促進」といった機能性が働いているためでしょう。特殊機能繊維SELFLAME®を使っているため、体温調節がしやすく汗をかいても身体の冷えを回避できるのです。

夏場でも綿の下着を着て”冷え対策”をする人もいると思います。こうした人がBAKUNE DRYを着て寝れば、一枚で快適な睡眠を得られるでしょう。

BAKUNEとBAKUNE DRYの違いについてまとめ

BAKUNEとBAKUNE DRYの違いについてまとめ
  • BAKUNEは秋・冬・春に着用できる(綿混素材で保湿性あり)
  • BAKUNE DRYは春・夏・秋に着用できる(ポリエステル素材で速乾性あり)
  • それぞれ体温調節しやすいデザインで作られている
  • それぞれ季節に合う着心地を実感できる
  • BAKUNE DRYには半袖もあり真夏に重宝する
  • BAKUNEとBAKUNE DRYにはLadiesがある
  • 特殊機能繊維SELFLAME®の効果は変わらない

今回はBAKUNEとBAKUNE DRYの違いを解説しました。着用の時期や生地、デザインの3点に違いはありますが、双方ともにBAKUNEの特徴である血行促進機能は変わりません。

着用して寝れば、翌朝には体の軽さを感じられるでしょう。冬場はBAKUNEで温もりを感じながら、夏場であればBAKUNE DRYのさらっとした着心地を楽しめます。とくに、BAKUNE DRYは、”冷房使用で冷えすぎない着用”を求める人に適しています。

そのほか、首回りについてはBAKUNE DRYの方が大きめに作られており、夏場の体温調節をしやすいのも特徴の一つ。

とにかく、さまざまな面で細かな気遣いが感じられるBAKUNEシリーズといえるでしょう。

ご自身やご家族の特性や好みなどに合わせて、BAKUNEあるいはBAKUNE DRYを選んでみてくださいね

BAKUNEリカバリーウェアを使った口コミはこちら!