安眠グッズ・快眠グッズ

熱帯夜の強い味方!アイスノンベルトで効果的におでこを冷やすことで、暑くても心地の良い睡眠へ

数年前に「ダンロップ ホームプロダクツ」で購入したアイスノンベルト。
一年の中でも最も寝苦しい夏ですが、そんな熱帯夜に助けてくれる心強いアイテムを紹介します。

「アイスノンベルト」の使い方

年季が入っていますが…肌馴染み良くお気に入りです。

タオル生地のような触り心地の良いカバーに、冷凍庫に入れておいた不凍ジェルを入れて、その日の気分でおでこや首に当ててマジックベルトで止める、それで終了です。
徐々に体温が下がる感覚へ、質の良い睡眠ですっきりした朝の目覚めを迎えられます。

おでこを冷やすことの効果

私は主におでこ用として使用しているので、まずはそのメリットについてお伝えします。

身体のリラックス効果

もちろん、暑いから身体を冷やすことで心地良さを感じて眠りやすくなるというのもありますが、「質の良い睡眠」を得られる理由があります。
おでこを冷やすことのメリットについて、おでこを冷やすと脳の深部が冷やされ、冷えた部分を温めようと脳への血流が増えます。
脳血流が増えると、頭部の筋肉や筋膜がほぐれ、繋がっている全身の筋肉が柔軟になり痛みや凝りがとれるのです。

自律神経も整う

さらに、頭蓋骨の骨がきちんと動くようになり、「脳脊髄液」の流れが活発化。
脳脊髄液とは、脳や脊髄へ栄養を運び不要な老廃物を排出する重要なもので、自律神経の調整にも繋がります。

アイスノンベルトのメリット

保冷剤よりも優しい冷たさを実現。

ここからは、アイスノンベルトを使用することの魅力をお伝えしていきます。

使い捨ての冷却シートよりもエコで使いやすい!

ドラッグストアで販売している冷却シートに比べて、不凍ジェルは繰り返し使えて環境に優しいアイテムです。
さらに、マジックベルトで止めているので寝返りを打っても取れてしまうことはなく、長時間心地良く眠ることができます。
タオルケットのような素材なので肌触りも良く、洗濯もできるので長期的に使用できるのです。

おでこだけでなく首やアイピローに、熱中症予防にも!

睡眠時以外にも使えるのも魅力です。
太い血管のある首を冷やすことで、全身を効率的に冷やすことができるので熱中症予防に最適。
また、少し休息する時や目が充血してしまった時などはアイピローとして使用するのがおすすめ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ここまでご紹介してきたように、アイスノンベルトには

  • 身体のリラックス効果が得られる
  • 自律神経が整い良質な睡眠に繋がる
  • ずれにくいので長時間快適に眠ることができる
  • 熱中症予防にもなる

というメリットがあります。

今では通販でも多種多様なアイスノンベルトが発売されているので、ぜひ皆さまのお気に入りを探してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA