ダイソー

【インスタントコーヒーの計量が面倒な方へ!】ダイソーの勝手に計量してくれるキャップはいかがですか♪

現在、花粉シーズン真っ只中で、目のかゆみに鼻水と戦いながら執筆しております。そしてその他にももうひとつ強敵がいるんですよね…。

それが眠気。

なんでこんなに眠たいんだろうってくらい普段以上の眠気に襲われます。なんとかこの戦いを生き残るため、私は毎日コーヒーのお世話になっています。その甲斐あってか、最初は苦手だったんですが、今では、ふと飲みたくなるくらいコーヒーを求める体になりました。

そうなると、買い物中に今まで目にも止まらなかったコーヒー関連のアイテムも、自然と目に留まるようになるもので…そんな経緯で見つけた商品がこちら。ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」です。▼

ダイソー「インスタントコーヒーキャップ」

こちらはなんと、ふた振りすれば1杯分出せるアイテムとのこと。私のような「なんとなく」で計量しているような人間には非常にありがたいアイテムです。それではさっそく使っていきます♪

まずは準備しましょう。市販のインスタントコーヒーのフタを取り外して…▼

交換前

キャップをはめるだけです。ちなみに差し込むタイプですので、私のようにいつまでもクルクルとねじりながら取り付けようとかしないよう注意してください()▼

交換後

それからサイズも通常サイズと大径サイズの2種類がありますのでご注意ください!一応パッケージ裏に対応コーヒー銘柄が記載してあるので、買う前に確認しておきましょう。▼

間違えないよう注意です

フタを開けると、何やら変なでっぱりが…どうやら逆さまにした際にここに溜まるようです。▼

変わった形状です

一応、中の構造イメージ図がこちらになります。考えた人すげぇ…。▼

発想がすごい

それではさっそく一度逆さまにします。パッケージ裏にフタを開けたまま逆さまにしてあったのでその通りやってみましたが…別に閉めておいても問題ないですね。無駄にドキドキしてしまいました…。▼

こぼれないかドキドキでした

逆さまから戻すと…おお!さっきまでなかったのにストックされてる…!▼

ちょっと感動

あとはストックされた分を出せばその都度逆さまになるので、半永久的に計量されるというわけです。…すごいぞこれ!?

少しだけ気になる点としては、差し込み式なのでフタを開ける際にキャップが傾くことですかね。しかし、そこを気に掛けながら開けるか、傾いても戻せばいいだけの話なのでそこまで問題視する必要もないでしょう。▼

押さえながら開けると問題ありません

もう一点が、中身が少なくなったときにきちんとキャップ内に入ってこないところですね。こちらに関しては対策も取れなさそうなので、その都度キャップを取り外すか、早めの補充をしていくしかないですね。

それでも問題という問題ではないので、普段の使いやすさを考えると優秀なアイテムだと思いますので、私と同じように計量がめんどくさいというタイプの方にはものすごくおすすめですよ♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA