漢字読み講座

「閂」の読み方は?門がまえに「一」だから「いちもん」じゃないですよ

「閂」の読み方をご存知でしょうか?

当然ですが「いちもん」ではありません。

門がまえの漢字はとてもたくさんありますね。

「間、聞、問、闇」などなど、どれもよく目にする漢字ですが、「閂」は見たことの無い方が多いでしょう。

さて、あなたには読むことができますか?

「閂」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. 門に関係のある物の名称です。
  3. 「閂」という漢字がその物の形を表しています

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「閂」の読み方!正解は!?

正解は「かんぬき」です!

「閂(かんぬき)」とは、左右の扉、または扉と枠の両方にまたがって通す、横木のことです。

扉を外から開けることができないようにするための、錠の一種ですね。

ヒントにも書きましたが「閂」という漢字を見ると、まさにその物の形を現わしていることがわかります。

「閂(かんぬき)」以外にも、「貫木(かんのき)」や「関木(かんぎ)」などと呼ばれることもあります。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA