漢字読み講座

【御強】【終日】【一入】難読漢字クイズ!3つとも読めますか?

漢字クイズのお時間です!

今回は「御強」「終日」「一入」の3つの単語の読みを当てていただきます。

早速いってみましょう!

1問目!「御強」

まずはこちら。

「御強」という漢字、読むことができますか?

そのまま読もうとすると「おんきょう」「おつよ」のように思うかもしれませんが、もう少し変わった読み方をします。

ヒントもお出しするので、ぜひ考えてみてください!

「御強」の読み方のヒントは?

全く想像つかないかもしれませんが、これはある「食べ物」を表す漢字です。

それを踏まえてもう一度考えてみましょう。

「強」という漢字は「きょう」「つよ(い)」のように読むのが一般的ですが、「強面(こわもて)」という単語では「こわ」と読んでいます。

それをヒントに御強、読めますか?

それでは正解の発表です。

正解は…

正解は…

おこわ

でした!

おこわとは山菜や栗などを入れて炊いたご飯や、赤飯のことを指す言葉です。

秋になると無性に食べたくなるという人もいるのではないでしょうか?

一口頬張る前に、ぜひこの漢字のことを思い出せるようにしてみてください。

2問目はこちら!「終日」

続いてはこちらです。

「終日」という漢字、読むことができますか?

「なんだ、簡単な問題じゃん」と思われたでしょうか。

ではもう少し問題を難しくしましょう。

「終日」の「しゅうじつ」以外の読み方がわかりますか?

ぱっと分かったら、かなり漢字に関する知識をお持ちだと思います。

それでは考えてみましょう。

「終日」の読み方のヒントは?

「しゅうじつ」ではない読み方であっても、「一日中、朝から夜まで」という意味は同じです。

主に古語として使われた読みで、与謝蕪村の句で使われたのが代表的な例です。

「春の海 ○○○○のたり のたりかな」

ピンときましたでしょうか?

それでは正解の発表です。

正解は…

正解は…

ひねもす

でした!

与謝蕪村のこの句は江戸時代に詠まれたものですが、現代の私たちの感性でも春の海の穏やかな様子が思い浮かびますね。

日頃忙しい方もたまには終日リラックスしてみても良いのではないでしょうか。

ラストです!「一入」

最終問題です。

「一入」という漢字、読むことができますか?

「いちにゅう」「いちいり」のように読みたくなってしまうかもしれませんが、もう少し特殊な読み方をします。

とっても簡単な漢字の組み合わせですが、初見で読むのはかなり難しいと思います。

ヒントもお出しするので、ぜひ考えてみてください!

「一入」の読み方のヒントは?

この2文字のうち、特に読みが特殊なのは「入」の方です。

逆にいえば、「一」についてはなんとか想像つくレベルです。

そしてこの単語の意味は「一層、ひときわ」です。

例文を挙げると、「この挑戦を達成できて、家族にも見守ってもらえていたので喜びも一入です」のようになります。

それでは正解の発表です。

正解は…

正解は…

ひとしお

でした!

時々「とても嬉しい」という意味で「喜びもひとしお」が使われることがありますが、正しくは喜びの段階が一つ上がった時に使います。

ぜひ用法含めて覚えておいてくださいね!

今回の問題はここまでです。

大事なのはここですぐに回答できるよりも、この先この漢字を覚えておいて登場したときにすらすら読めることです。

分からなかった漢字の読みはぜひこの機会に覚えてみてください。

お読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA