漢字読み講座

「企む」ってなんて読む? 最大のヒントは企業の「企」!?

「企む」と書いて、なんと読むか分かりますか?

そもそも、企業の(き)以外に使う事はあまりないかも知れません。

でも誰でも使ったことがある言葉だと思います。

子どものころは、何度も企むことがあったのではないでしょうか?

大人になると、回数は少なくなるものの

企むことの意味合いがかなり重くなってきます。

さて、「企む」と書いてなんと読むでしょう?

「企む」読み方のヒントは?

企業の「企」は企てる(くわだてる)と読みます。

事業を企てるという意味合いです。

しかし「企む」は(くわだむ)とは読みません。

もっとなじみのある言葉です。

「企む」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇む」です。

悪いことを企む。なんて使いませんしたか?

自分でしている時は意識してなくとも、人が企んでいるのに気が付いたことがあるでしょう。

さあ、なんと読むか分かりますか?

「企む」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「たくらむ」

です!

 

ちなみに悪いことを企む、悪だくみは悪巧みと書きます。

企みは子どもの浅はかなもので、悪巧みはもっと大人のダークな計画です。

覚えておきましょう!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA