漢字読み講座

【今日の難読漢字】「瓜姆」「布哇」「羅馬」「倫敦」「羅府」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「瓜姆」

「布哇」

「羅馬」

「倫敦」

「羅府」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「瓜姆」

この2文字の漢字もこれまた難問ですね・・・。

 

「瓜」は「ウリ」で分かるんですが、「姆」って普段あまり使わない漢字ですね。

 

「姆」とは、「うば」、「めのと」などの女性を表す言葉で、「兄嫁(あによめ)」の意味もあります。

 

ということは、ウリの品種のお姉さん的な存在のもの??

ますます混乱してしまいましたね・・・。

ヒントを見ながら考えてみましょう!

 

「瓜姆」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① これはカタカナ読みで「〇〇〇」です。

ヒント➁ これは島の名前です。

ヒント③ 日本人がよく行く南国といえばここ!

 

「瓜姆」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「グアム」です!

 

「グアム」は、太平洋に浮かぶ、マリアナ諸島の南端にある島です。

現在は、アメリカ合衆国の準州という位置づけです。

 

一時、戦時中においては日本が占領した島でもあり、「大宮島(おおみやじま)」と呼ばれていたこともあります。

 

日本人が気軽に海外旅行に行く場所といえば、「グアム」とハワイなどが筆頭に挙げられているくらい、私たち日本人にとっても馴染みの深い島になります。

 

そんな「グアム」ですが、そのルーツをたどると何と紀元前3000年頃も昔に遡ります。

太平洋に浮かぶ島に当時の東南アジアに住んでいた民族がカヌーなどを使って移住してきたとされていて、私たち日本人が親しみを覚えるのはそんな理由があるからなのかもしれませんね!

2つ目の漢字は「布哇」

「布哇」は、普段みかけない漢字ですね。

 

それもそのはず、一般的にはカタカナで表記するものなので、この漢字は当て字になります。

 

「布」は分かるにしても、「哇」という漢字は難しいですね。

「哇」は、「わぁ」とか「ぎゃー」などのように「大声で叫ぶ声」や「へつらう声」という意味があり、読み方も「わ(あ)」などと読みます。

 

音読みでも訓読みでも、意味から成る当て字でもなさそうなので、ヒントを参考に考えてみましょう!

 

「布哇」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① これはアメリカ合衆国の州の一つです。

ヒント➁ カタカナで「〇〇〇」です。

ヒント③ 芸能人がお正月に行く海外旅行先といえばここ!

 

「布哇」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ハワイ」です!

 

「ハワイ」は一つの島国のような気がしますが、アメリカ合衆国の州の一つになります。

「ハワイ」に行ったことがない人は、大きな一つの島国のようなイメージを持っている方が多いと思いますが、「ハワイの本土」以外にも、マウイ島、オアフ島、カウアイ島などの8つの島と、それらをとりまく100以上の小さな島から「ハワイ」は成り立っています。

 

「ハワイ」は、アメリカ合衆国の中でも最後に加盟した州であることでも知られ、日本人の海外旅行先の定番として、「ハワイ」は常に上位に位置している人気のある場所。

最近では、英語を話せなくても日本語だけでなんとかなった!という体験をお持ちの方も増えているくらい、日本人が気軽に行ける島としても有名です!

3つ目の漢字は「羅馬」

2文字目に「馬」がついているので、何か馬の種類の一種のようにも思えるこの漢字。

 

1文字目が「ら」と読めることから、「ロバ」とか「リャマ」が浮かんできてしまいますが、残念ながらどちらも違います!

 

これは、音読みからくる当て字になりますが、いったい何と読むか分かりますか?

 

何回も繰り返し言えば、正解に近づけるかもしれませんよ!

 

「羅馬」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① これはある国の都市の名前です。

ヒント② カタカナ表記で「〇ー〇」です。

ヒント③ カトリック、バチカン市国といえば?

 

「羅馬」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ローマ」です!

 

「ローマ」といえば、イタリアの首都で、カトリック教派の総本山でもあるバチカン市国がある都市としても有名ですね。

 

西洋の歴史を語る上では、避けては通れない「ローマ帝国」がルーツとなっている、世界でも歴史ある都市になっています。

 

その都市の大きさや繁栄具合を表す言葉に、「ローマは一日にして成らず」、「すべての道はローマに通ず」という諺があるくらい、ローマの偉大さを物語っていますね。

 

現在、「ローマ」の人口は約300万人で人口が多い都市として繁栄しているだけでなく、その景観の美しさから「永遠の都」と称される素敵な都市でもあります。

 

次の海外旅行先は「羅馬」で決まりですね!

4つ目の漢字は「倫敦」

そのまま読むと、「りんとん」ですが、訓読みにすれば誰かの名前のようにも見えますね。

 

でもこれは、偉人などの名前ではありません。

 

倫理の「倫」は「人が修め、守るべきみち」のような意味があり、「敦」には「手厚い」のような意味があります。

 

この2文字の組み合わせだと、何か大切な教えのようにも思えてきますが、正解はどうでしょうか!?

 

「倫敦」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① これは都市の名前です。

ヒント➁ 「〇〇〇〇」の4文字です。

ヒント③ バッキンガム宮殿があるところです。

 

「倫敦」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ロンドン」です!

 

「ロンドン」といえば、世界史などでも習った「産業革命」がヨーロッパでいち早く起こったイギリスの首都です。

 

「ロンドン」は歴史的にも古く、世界文化遺産がなんと4つもある都市ということを知っていましたか?

どれもとても有名ですが、ロンドン塔、キューガーデン、ウェストミンスター宮殿、グリニッジ。

このグリニッジは天文台があった場所として登録されていますが、皆さんご存じ、世界地図の緯度(縦の線)の始まりの場所。

 

このことから、「ロンドン」は今も昔も名実ともに「世界の中心」といっても過言ではありませんね!

5つ目の漢字は「羅府」

そのまま「らふ(らーふ)」と読め、実はこれでも合ってはいます。

 

しかし、今回は難読漢字の問題。

もう少し一般的な、誰もが知っている読み方をする漢字なんですが、なんだか分かりますか?

 

ヒントは音読みでも訓読みでもない、いわゆる当て字になります。

 

なので、ヒントを見ないことには始まりませんね・・・

 

「羅府」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① ある国の州の都市の名前で、州の名前より有名です。

ヒント➁ 名前に「天使(angel)」が入っています。

ヒント③ ハリウッドやビバリーヒルズがあります。

 

「羅府」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ロサンゼルス」です!

 

「ロサンゼルス」は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州の都市(郡)の一つ。

州の名前よりも有名で、他にもハリウッドやビバリーヒルズもあって、何だかすごいゴージャスな郡となっています。

 

しかも「ロサンゼルス」は、カリフォルニア州で最大というだけでなく、アメリカ全体をみてもニューヨークの次に人口が多い、北米屈指の世界都市なんです。

 

ちなみに、名称に「angels」が入っているのは、ずばりそのまま「天使たち」を意味しています。当時、アメリカに入植した人々が町のことを「私たちが貴婦人で、天使たちの女王の町」と名づけたことが由来になっているそうですよ!

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA