漢字読み講座

「愚息」ってなんて読む? 愚かな息と書いてなんでしょうか?

愚かな息と書きますが、「息」のことではなく、息子の事を指します。

「愚息」という漢字を見たことがある人も多いと思いますが、

読み方がわかるかどうかは、また別の話になってしまいます。

なぜなら、「愚息」を口に出して使う人は少なくなってきているからです。

さて、「愚息」と書いてなんと読むでしょうか?

「愚息」読み方のヒントは?

「愚息」とは、自分の息子の事で、

謙遜(けんそん)した言い方です。

素直に「自分の息子です」と言えばいい物を、

わざわざ「愚か」とつけて「愚息」と言っていました。

ただし、謙遜しているだけで「愚息です」と言う人のほとんどは

実はかなり優秀な息子だった……!というオチも付いています。

反対に「うちの子は良くできるんです!」と言う人ほど大したことが無かったり。

優秀という事は、いつの時代も「人の耳」から入る物です!

「うちの愚息が……」と言われた時には「御子息」「息子さん」などと切り返せるといいですね。

「愚息」と言われた時に、くれぐれも間違えて「お宅の愚息さんが……」と言わないように!

長くなりましたが、そんな「愚息」の読み方はもうわかりましたか?

「愚息」の読み方、正解は・・・

gusoku

正解は・・・

 

「ぐそく」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA