漢字読み講座

【今日の難読漢字】「然も」「諂う」「蟋蟀」「煉る」「轟く」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「然も」

「諂う」

「蟋蟀」

「煉る」

「轟く」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「然も」

今回の漢字クイズで出題するのはこちら。

「然も」という漢字、読むことができますか?

「自然(しぜん)」の「然」や「天然(てんねん)」の「然」と同じ漢字ですが、もちろん読みは「ぜんも」でも「ねんも」でもありません。

一見難しいですがじっくり考えてみると分かるかも…?

ぜひ考えてみてください!

「然も」の読み方のヒントは?

この「然」という漢字ですが、「ゼン」「ネン」以外の読み方をご存じでしょうか?

中学校や高校で習った漢文を思い出してみてください。

人によってはかなり昔の記憶になってしまうかもしれませんが、その際に習った「然」の読み方を思い出してみてください。

「然も」読めるような気がしてきませんか?

正解は…

正解は…

しかも

でした!

念のため説明しておくと、「然も」は「そのうえ、そのような状態に加えて」という意味を持つ接続詞です。

そう、私たちが普段使う「しかも」です。

わざわざ漢字で書くことはないかもしれませんが、ぜひこの機会に覚えてみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

2つ目の漢字は「諂う」

「諂う」は何と読むかわかりますか?

「こう」ではありません。

これはかなりの難読漢字に分類されるかも…

あなたには読めるでしょうか?

「諂う」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の字数は「〇〇〇う」で、送り仮名をはぶいて3文字
  2. 似た意味の言葉に「媚びる」があります
  3. 用例:上司に気に入られようと諂う

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「諂う」の読み方!正解は!?

正解は「へつらう」です!

わりと耳にする一般的な言葉ですが、漢字になると読めなかった方が多いのでは?

意味は、人に気に入られるように振舞ったり、お世辞を言ったりすることです。

ヒントに使った「媚(こ)びる」とつなげて「媚び諂う」などと使うこともありますね。

似た言葉に「阿(おもね)る」があります。

こちらも結構な難読漢字といえますが、阿るとは「自分を主張せずに他人に従う」という意味です。

「大衆に阿る」「リーダーに阿る」などと使います。

媚を売って人の機嫌を取ろうとする点で「諂う」と「阿る」は似ているので、混合しないように注意しましょう。

3つ目の漢字は「蟋蟀」

「蟋蟀」は何と読むかご存知でしょうか?

画数が多くて複雑な漢字ですね。

よく見ると、二文字とも虫偏が付いているので、虫に関する言葉でしょうか…

さて、あなたは読むことができますか?

「蟋蟀」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の文字数は「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 秋になると涼やかな声で鳴くメジャーな虫といえば?
  3. 「きりぎりす」とも読みます

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「蟋蟀」の読み方!正解は!?

正解は「こおろぎ」です!

都会でも少し茂みがあれば、こおろぎの鳴き声が聞けることがあります。

コロコロと澄んだ美しい鳴き声を聞くと、秋だな~って感じますね。

 

「蟋蟀」のもう一つの読み方として「きりぎりす」があります。

どうやら昔は「こおろぎ」のことを「きりぎりす」と呼んだようです。

こおろぎとは鳴き声も姿も全く違うのに、不思議ですよね。

 

なぜかというと、こおろぎは夜に鳴く虫ですが、きりぎりすは昼に鳴きます

にもかかわらず、古歌にきりぎりすが登場する背景は必ず夜なのです。

 

「きりぎりすいたくな鳴きそ秋の夜の長き思ひは我ぞまされる」(古今集)

たしかに、背景が夜なのにきりぎりすが鳴いていますね…

詳しく説明するとかなり長くなるのでここでは省きますが、興味のある方は調べてみてください。

漢字の世界は本当に奥深いです。

4つ目の漢字は「煉る」

「煉る」はどう読むか、ご存知ですか?

「煉」はめったに見ない漢字でしたが、鬼滅の刃の煉獄(れんごく)さんが有名になって、目にすることが多くなりました。

思わず「れんる」と読んでしまった方は、鬼滅ファンの方かも知れませんね。

「れん」は音読みですが、今回の読み方は訓読みになります

さて、あなたには読めるでしょうか?

「煉る」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の文字数は、送り仮名を除くと1文字で「〇る」
  2. 「金属を溶かして固める」「鍛える」といった意味
  3. 熟語には「煉瓦(れんが)」「試煉(しれん)」などがあります

以上の3つのヒントで考えてみてください。

「煉る」の読み方!正解は!?

正解は「ねる」です!

「煉」という漢字は「練」でよく代用されますが、本来は微妙に意味が異なる漢字です。

ちなみに「練る」も「煉る」と同じく「ねる」と読みます

 

「練る」は「むらなくこねて固める」「より良いものにするために検討する」という意味。

一方の「煉る」は「火を使って焼き溶かした物を固める」といった意味になります。

しかし「煉」は当用漢字に含まれないため、現代では「練」に置き換えて使われていますね。

 

近年ではパソコンやスマートフォンを使って文章を書くことが増えたため、逆に昔の文字を目にする機会が増えました。

読めなくて困ることも多いですが、勉強になることも確かですね。

5つ目の漢字は「轟く」

「轟く」は何と読むかご存知ですか?

「ひびく」は間違いです。

確かに車がたくさん集まると騒音が響くので、気持ちはわかりますが…

さて、あなたには読むことができるでしょうか?

「轟く」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の文字数は送り仮名を除くと3文字で「〇〇〇く」
  2. 意味は「大きく音が鳴り響く」「世間に知れ渡って有名になる」
  3. 「頭上で雷鳴が轟く」「天下に名を轟かせる」などと使います

以上3つのヒントで考えてみてください。

「轟く」の読み方!正解は!?

正解は「とどろく」です!

「響く」と意味が似ていますが「響く」の方は音の大きさよりも、遠くまで音が響いているイメージ。

「轟く」の方は、より大きな音がより強い振動で鳴り渡っているイメージです。

 

「轟」のように同じ漢字を3つ重ねたものに「犇、姦、森、灥、驫」などがあります。

3つ重ねた漢字は概ね、重ねた漢字のものがたくさんあると思えば良いようです。

車がたくさん集まると、さぞかしうるさいので「轟(とどろ)く」なんですね。

 

ちなみに馬が集まった「驫く」も「とどろく」と読みます。

なるほど、馬の鳴き声や駆ける音も「とどろく」と読むのにふさわしい気がします。

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA