漢字読み講座

「凡ゆる」って読めますか?「ぼんゆる」って読むのだけは、恥ずかしいのでやめましょう!

「平凡(へいぼん)」の漢字で知られる「凡」ですが、「凡ゆる」という使い方はなじみがない人も多いのではないでしょうか?

「平凡」と言うと、ありきたり・ありふれている、というようなあまりプラスじゃない意味に思えますよね。

だけど「凡」という文字には別の意味もあるです。

それがずばり、「凡ゆる」の読み方のヒントになっているんです!

「凡ゆる」の読み方のヒントは・・・?

「凡」の漢字の意味を見ていきましょう。

  1. 普通・ありふれた・優れていない・・・(例)凡人・平凡・凡庸など
  2. 色々・全体・ひきくるめて・・・(例)凡例(はんれい)など

広く知られているのは①の意味ですよね。

ただ「凡ゆる」の読み方のヒントは②の意味です!

「色々・全体・ひきくるめて」を現す「凡ゆる」・・・ひらがなでは「〇〇ゆる」の2文字ですよ。

分かりましたか?

「凡ゆる」の読み方の答えは・・・

正解は、「あらゆる」でした!

「凡ゆる」と書いて、「(考えられる)全ての」という意味の「あらゆる」して使われます。

「凡ゆる場所で」「凡ゆる可能性」などというように使われます。

ただし明治時代に使われた当て字だと言われているため、漢和辞典には記載されていません。

現在ではひらがなで「あらゆる」と書くのが一般的ですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA