漢字読み講座

【今日の難読漢字】「粗利益」「御用達」「肉汁」「茨城」「河川敷」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「粗利益」

「御用達」

「肉汁」

「茨城」

「河川敷」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「粗利益」

そのまま音読みすると「そりえき」ですが、これは違います。

 

「粗利益」はいくつもある経済用語の一つで、経済学を学んでいる人にとってはサービス問題かもしれません。

 

今回は正しい読み方だけでなく、「粗利益」の意味も一緒に勉強していきましょう!

 

「粗利益」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇〇」の5文字です。

ヒント➁ 胡椒など、「おおざっぱ」に砕いたものを何と言う?

ヒント③ 省略して「粗利」とも言います。

 

「粗利益」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「あらりえき」です!

 

「粗利益」とは経済用語の一つで、「売上の金額から原価(仕入れ値)を差し引いた金額のこと」です。

一言でいえば、儲け分ですね!

 

ちなみに、会計上では5つの「〇〇利益」がありますので、簡単にご紹介します。

 

・売上総利益

これが今回の「粗利益」です。会社や企業の儲けですね。

 

・営業利益

会社や企業が、主力とするサービスや商品で稼いだ利益のことです。

 

・経常利益

会社や企業が、主力サービスや商品以外で稼いだ利益も含めた全体の利益のことです。

 

・税引前当期利益

名前のとおり、当該期に支払う税金を差し引く前の利益のことです。

 

・当期純利益

1つの決算期における収益全体から、諸費用や法人税などを引いて、最後に残った利益のことです。

 

経理事務や株をやっている人には当たり前の知識かもしれませんが、この機会に覚えてしまいましょう!

2つ目の漢字は「御用達」

お歳暮のシーズン、お世話になったあの人に贈るものはいったい何にしよう・・・。

 

日頃、お世話になっている人や大切な人に贈り物をするときは、いつもよりもちょっと高い品物を選びますよね!

 

そういうときは、スーパーではなくデパートの地下にある食品売場や化粧品売場に足を運ぶと思いますが、そんな少し高い商品には決まって「〇〇御用達」の文字があるはず!

 

そんな「御用達」、読み方は「ごようたつ」ではありませんよ!

 

「御用達」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇〇」の5文字です。

ヒント➁ 「ごようたつ」の読み方はかなり惜しいです!

ヒント③ 「お達し」と同じ読み方です。

 

「御用達」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ごようたし」です!

 

「御用達」とは、「宮中・官庁などへ用品を納めること」を言います。

 

よく時代劇などで、警察の役割をしている役人の「御用だ!、御用だ!」なんてセリフがありますが、この「御用」は「お上」や「官庁」という意味があり、今で言えば「公権力がある警察だぞ!」といった感じでしょうか。

 

その「御用」である「お上」「官庁」にお届けする商品ということで「御用達」と呼ばれるようになりました。

 

「宮内庁御用達」と付いた商品なら、誰に贈っても喜ばれるお歳暮間違いなしです!

3つ目の漢字は「肉汁」

「肉汁」と聞けば、みんな大好きハンバーグ!

 

牛肉と豚肉が織りなす最高の肉料理といっても過言ではないハンバーグ、出来立ての熱々のハンバーグにナイフを入れれば、溢れんばかりの「肉汁」と鼻腔をくすぐる幸せの香り。

 

口に含めば肉本来の甘みが広がる・・・、と想像しただけでお腹が鳴ってしまいますが、今回はそんな「肉汁」の読み方が問題です。

 

え?これって「にくじる」でしょ!?

と思ったあなたは若者として認定しましょう!

 

「にくじる」の読み方も間違いではありませんが、今回は他の読み方にチャレンジしましょう!

 

「肉汁」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇〇」の5文字です。

ヒント➁ 「汁」は「じる」とは読みません。

ヒント③ 「一汁三菜」が読めれば簡単!

 

「肉汁」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「にくじゅう」です!

 

四文字熟語の「一汁三菜」も「いちじゅうさんさい」と読みますが、「肉汁」は「にくじゅう」と読むのが本来は正しい読み方。

 

近年、簡単に「にくじる」と読むことも普及したことから、アナウンサー業界でも正式に認められた読み方となりましたが、本来の読み方を知ることも大切です。

 

・高級フィレステーキの「肉汁」が口に広がる。

・スーパーで買った格安のバラ肉でも「肉汁」が出る。

 

どちらの読み方をしても同じ意味になりますが、前者は「にくじゅう」、後者は「にくじる」がイメージに合うと思うのは私だけ!??

4つ目の漢字は「茨城」

今回は、関東地方にある県の名前の問題です。

 

まさか、日本の都道府県の読み方を間違える人なんていませんよね!?

・・・と思っていたら、なんと20~30%の人は「茨城」の読み方を間違って覚えている、なんていう調査もあるようです。

 

また、似たような名前の「茨木」という市の名前も大阪にあるんですが、いろんなものと混同してしまって間違えるのでしょうか??

 

「茨城」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 「宮城」とは違う県です!

ヒント➁ 「栃木」とも違う県です!

ヒント③ 「茨木市」も同じ読み方をします!

 

「茨城」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「いばらき」です!

 

「ぎ」じゃなく「き」が正しい読み方になります。

 

発音上、「いばらぎけん」の方が言いやすいので間違って覚えてしまうのは分かりますが、「いばらき(けん)」が正しいので必ず覚えるようにしましょう!

 

ただ、当の茨城県の人は訛りもあって、「いばらぎ」と聞こえてしまうケースもあるのはご愛敬。

 

覚え方は、「同じ関東地方でも栃木と茨木は違う!」です。

栃木は「ぎ」で、茨城は「き」ですよ!

5つ目の漢字は「河川敷」

この「河川敷」も読めそうで読めない、間違えやすい漢字シリーズの常連さんです!

 

草野球やゴルフの練習をする人にとっては「河川敷」はお馴染みの場所ではあると思いますが、普段から使っている人でも正しい読み方は意外に知らないものです。

 

実は私も間違って覚えていたその一人・・・。

 

何気なく読んでいた漢字が間違っていたときって、本当に恥ずかしいもの。

知っている人も分からない人も、この機会に覚えてしまいしょう!

 

「河川敷」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 「〇〇〇〇〇」の5文字です。

ヒント➁ 「河川」は「かせん」で正解です。

ヒント③ 「お座敷」が読めれば大丈夫です!

 

「河川敷」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「かせんしき」です!

 

え?「かせんじき」じゃないの?と思った方も多いはず。

もちろん、「かせんじき」とも読めますが、本来の正しい読み方は「しき」の方です。

 

「河川敷」とは、大きな川などの土手の部分に広がる「草地」のこと。

広い場所では、草野球をするためのグランドやゴルフ練習場、運動トラックなどが整備されているところもあります。

 

本来の役目としては、洪水や増水時の水害を防止するためですが、地域住民にとっての憩いの場であったり、散歩コース、運動する場など、健康を維持するためにも活用されている場所、それが「河川敷」です。

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA