漢字読み講座

【た、「玉筋」って・・・。すごい怪しい名前の魚がいるものですね】「玉筋魚」、あなたは読めますか?

どこからどう見ても「たますじ」の部分が目立って、「魚」はオマケ程度の言葉に見えますねwww

 

でも、ここで指す「玉」っていったい何でしょうか?

何かの「魚」であることは間違いないでしょうし、「卵」そのものを意味するのか、「玉のような筋がある」と解するのか、はたまた真相はどちらでしょうか。

 

さらにこの「筋」という漢字についてですが、一説によると「筋」という漢字を使うのは中国の方での表記で、正しくは「お箸」を意味する「筯」なんだとか。

 

確かに、「お箸」の方が魚の容姿を的確に捉えていますもんね!

 

「玉筋魚」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇ご」の4文字です。

ヒント② 関東では「こうなご」と呼んだりします。

ヒント③ 佃煮の定番ですね。

 

「玉筋魚」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「いかなご」です!

 

「玉筋魚」とは、分かりやすく言えば「佃煮の定番となっている小魚」でしょうかwww

 

関東では「こおなご」、関西では「しんこ」などと呼ばれてもいますね。

 

佃煮になると、サイズがすごく小さいですが、実際に泳いでいる「玉筋魚」は大人になると20cmほどにもなるんだとか。

 

冒頭にも書きましたが、まさにこれは「海のお箸」と言っても過言ではありませんね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA