漢字読み講座

「長ける」の読み方は?「ながける」と読んでしまうと恥ずかしいかも…

「長ける」の読み方をご存じでしょうか?

「ながける」や「ちょうける」と読んでしまうと、かなり恥ずかしいかも知れません…

「長」は小学校2年生で習う簡単な漢字なのに、読めそうで読めない人も多いのでは。

さて、あなたには読むことができますか?

「長ける」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇ける」の3文字です。
  2. 優れている、秀でているといった意味。
  3. 「彼はスポーツに長けている」のように使います。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「長ける」の読み方!正解は!?

正解は「たける」です!

読み方を聞くと、よく使われる言葉ですね。

意味はヒントで紹介した「優れている」「秀でている」ことの他に、「盛りの時期」や「盛りを過ぎる」といった意味もあります。

「秋たける」「年たける」「日がたける」などがそうですね。

「たける」は、「闌ける」と書かれる場合もありますが、一般には「長ける」と表記される場合が多いといえます。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA