漢字読み講座

「承る」ってなんて読む? 承知の(しょう)ですが・・・?

「承る」と書いて、なんと読むかわかりますか?

漢字で書いているのを見るよりも、耳で聞く方が多い漢字です!

了承や承知、承認の「承」ですが、(しょう)とは読みません。

ヒントをいうと、漢字一文字なのにふりがなが多いです。

さて、「承る」と書いてなんと読むでしょうか?

「承る」読み方のヒントは?

よく使うのは仕事などで、目上の人の何かを引き受けるという意味で「承る」と使います。

他にも責任感のある仕事を引き受けた時に「大役を承る」など。

受けた以上は、やり遂げなければいけないので非常にプレッシャーですね!

生活の中でも、よく耳にするのは

ご注文を承りました!」「ご予約を承りました!」です。

お店に予約したり、ピザなどの注文電話をすると必ず言われると思います。

なんとなく、読み方もわかったのではないでしょうか?

「承る」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇〇る」です!

受けるという言葉の謙譲語です。

さあ、もうわかりましたか?

「承る」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「うけたまわる」

です!

書くときに「承わる」と送り仮名を書いてしまうという間違いも多いです。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA