漢字読み講座

紅鶴って何て読む?「べにづる」?あの美しい鳥の名前です!

「紅鶴」

鳥の名前って、漢字が難しいですよね。

日常的にみかける、雀(すずめ)や烏(からす)ですら、いざ書こうとなると手が止まってしまいます……

紅鶴も、鳥の名前なのですが「べにづる」なんて鳥は存在しません。

植物に詳しい方は、紅鶴(ベニヅル)という名前の花を思い浮かべるかもしれません。しかし、紅鶴という鳥と紅鶴という花は、全く関連性のない別物。

実は、動物園などで見たことのある、あの美しい鳥の名前なのですが……なんと読むのでしょうか?

「紅鶴」の読み方のヒントはコレ!

ヒント1:動物園でしか見られない鳥の名前

ヒント2:漢字の通り、鶴に似ている赤色の鳥の名前

ヒント3:外来語の当て字なので読みと漢字は一致しない

「紅鶴」の読み方のヒントは、「動物園でしか見られない鳥の名前」です。また、「紅鶴」という字が表す通り、鶴に似ている赤色の鳥の名前です。

また、最後に大ヒントです。「紅鶴」の読みは外来語の当て字です。したがって、「紅」と「鶴」が本来持っている読み方は全く関係ありません。

「紅鶴」の読み方!正解は…?

「紅鶴」の読み方、正解は……

「フラミンゴ」です!

動物園で見かける、あの美しい鳥です!

ちなみに、フラミンゴの和名は「ベニヅル」とされていますが、厳密には鶴の仲間ではないため、近年は「ベニヅル」は使われていないそうです。ちょっとややこしいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA