漢字読み講座

「普く」の読み方は?「ふく」?正解は4文字の言葉!

「普く」

この漢字、何と読むかわかりますか?

「普通」「普及」といった熟語に使われる漢字ですので、

漢字自体には見覚えがあるはずです。

しかし、「普く」と書いて「ふく」とは読みません。

読み方がわからないあなたは、

下記で発表する正解と解説を参考にしてくださいね。

「普く」の読み方のヒントはコレ!

「普く」の読み方のヒントは、下記の通りです。

  • ヒント1:「もれなくすべてに及んでいるさま」
  • ヒント2:「広く」「一般に」

そろそろわかりましたか?

「普く」の読み方!正解は…?

「普く」の読み方、正解は……

「あまねく」です!

  • 「もれなくすべてに及んでいるさま」
  • 「広く」「一般に」

という意味を持つ漢字で、

「遍く」と表記されることもあります。

「普く」の例文は?

せっかくですので、「普く」を使った例文も見ていきましょう。

  • 普く知られる著名人の本を読む。
  • カリキュラムが普く充実した学校に進学する。

「普く」を使った例文は、上の通りで、

副詞のため、他の品詞に対して意味を付け加える役割を果たします。

全体に行き渡っている様子や、広く一般的に行き渡っている様子を表現したいとき、

「普く」と言い換えることが可能です。

まとめ

「普く」は「あまねく」と読み、

広く、もしくは一般に行き渡る様子を表すときに使われる漢字です。

「遍く」との違いはほとんどなく、どちらを使っても間違いではありません。

「全体的に」「総じて」「くまなく」などの言葉の言い換えとして使える表現です。

知っていると役に立つかもしれませんので、頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

ABOUT ME
tnskksg
国語好きが高じてwebライターになりました。奥ゆかしさを感じる言葉が好きです。わたしの紡いだものが、あなたの記憶のなかに残りますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA