漢字読み講座

「間隙」は何と読むでしょうか?「かんすき」と読まないように注意

「間隙」は何と読むかご存知でしょうか?

「かんすき」と読んでしまった人は、残念ながら間違いです。

一見読めそうで、読みづらい漢字ですね。

さて、あなたは、正しい読み方がわかりますか?

「間隙」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の字数は「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 意味は、物と物の間や、時間の隙間のことです
  3. 間隙の「隙」と同じ読み方をする言葉に「空隙」や「寸隙」があります

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「間隙」の読み方!正解は!?

正解は「かんげき」です!

「隙間(すきま)」の「隙」を「げき」と読むのは、なかなか難しいですね。

「間隙(かんげき)」という言葉には大きく分けて4つの意味があります。

個々の意味と例文を紹介しましょう。

  1. 時間の隙間:休憩時間が終わるまで20分の間隙がある
  2. 物と物の隙間:机と壁の間隙にペンを落とした
  3. 人間関係に生じる隙間:親子間の間隙を埋めるため、娘と旅行へ行った
  4. 油断すること、気持ちの隙:よそ見をした間隙を突いて、財布を盗まれた

「間隙」は普段の生活ではあまり耳にしない言葉ですが、こうしてみると様々な使い方がありますね。

ちなみに、ヒントで紹介した「空隙(くうげき)」は、物と物の隙間のことです。

また、「寸隙(すんげき)」は、ほんの少しの隙間や、わずかな隙のこと。

これらも難しい言葉ですが、合わせて覚えておきましょう。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA